Amazon

【Amazon】配送料の仕組みを解説!無料で配送する条件とは?

Amazonの配送料ってどんな仕組みになっているのでしょう? 結構複雑でわかにくいところがありますよね。

この記事では、そんなAmazonの配送料についてわかりやすく説明します。

Amazonの配送料の仕組み

配送の仕組みは2つ。

  • Amazonが発送する商品
  • マーケットプレイスが発送する商品

この2種類で配送料は異なります。

マーケットプレイスとは、一般の出品者のことで、企業だったり個人だったりします。

マーケットプレイスには商品が安くても、送料が異様に高くなるという半ば詐欺のような出品者もいますので、Amazon初心者は避けたほうが無難そうです。

Amazonが発送する商品

このように商品ページに「この商品はAmazon.co.jpが販売、発送します」と表示されている場合、直接Amazonから送られてきます。この表示を目安にしましょう。

配送料の条件は以下になります。

配送料

・注文金額合計1,999円以下:400円(北海道・九州・沖縄・離島は+40円)
・注文金額合計2,000円以上:0円
・Amazonプライム会員:0円

無料となるのは、注文金額が2,000円以上です。

たとえば1,800円の商品を2つまとめて注文すれば、合計3,600円。この場合、2つとも配送料は無料になります。

注意点は以下になります。

商品だけで2,000円以上である必要があります。ギフトラッピング代、「代引き」「お急ぎ便」「お届け日時指定便」等の手数料は含まれないので注意が必要です。

また、Amazonから発送される商品のみが対象です。後述しますが「マーケットプレイスの商品」はこの2,000円の計算に含まれないことになります。

たとえばAmazon発送の商品を1,800円分買って、マーケットプレイスの商品を1,500円分買っても、配送料は無料にはなりません。

お急ぎ便、日時指定は手数料が発生

日時指定等をする場合には配送料が違ってきます。

Amazon商品の注文金額が2,000円未満の場合

  • 通常配達:400円
  • お急ぎ便:500円
  • 日時指定:500円
  • 当日指定:600円
  • 注文当日または翌日の特定の時間までにお届け(ラッシュ便):700円
  • 予約商品を発売日/発売日前日にお届け:360円
  • 北海道・九州・沖縄・離島は+40円

なお、沖縄および離島等、一部でお急ぎ便の対象外地域があり、その場合はお急ぎ便が選べません。

またラッシュ便は、本州の一部の地域でのみ利用できます。Amazonプライム会員およびPrime Student会員の配送料は300円(税込)ですが、キャンペーン期間中(終了日未定)は無料で利用できます。

合計2,000円以上の場合

  • 通常配達:0円
  • お急ぎ便:500円
  • 日時指定:500円
  • 当日指定:600円
  • 北海道・九州・沖縄・離島は+40円
  • ※お急ぎ便対象外地域があること、ラッシュ便については上記と同様です

2,000円を超えても、お急ぎ便や日時指定は500円かかってしまうことに注目しましょう。やはり日時指定は便利なので利用したいものです。

Amazonが発送する商品については、Amazonヘルプページ「配送料について」にも説明があります。

後ほど説明しますが、このあたりの手数料が無料になるのは、プライム会員になるしかありません。

プライム会員については「Amazonプライム会員にならなきゃ損?22のできることをまるごと解説」で紹介しています。



マーケットプレイスが発送する商品

マーケットプレイスの商品は、また異なった配送料のシステムとなります。

マーケットプレイスは一般の企業・店舗、個人の出品者が販売して発送します。

このように商品ページに「◯◯が販売、発送します」とAmazonとは違う名称が書かれていたら、マーケットプレイスの商品です。

マーケットプレイス商品の配送料は商品カテゴリーごとに設定されており、一般の店舗が出品者の場合は以下になります(いずれも国内)。

  • 本:257円
  • CD・レコード:350円
  • ビデオ:391円
  • DVD:350円
  • PCソフト:350円
  • テレビゲーム:350円
  • おもちゃ&ホビー:514円
  • ベビー&マタニティ:514円
  • これ以外のカテゴリー:463円+52円/kg

詳しくはAmazonヘルプページ「出品者の配送料と配送条件」に説明があります。

ここで注意が必要なのが、1品ごとに配送料がかかるということです。マーケットプレイスの場合、同じ出品者から複数購入しても、1品ごとに配送料がかかってしまいます。

たとえば、DVDを3枚買ったときには、350円×3の1,050円の配送料になります。

Amazonでは値段が「1円」の中古の本がありますよね。実際に支払う金額は1冊あたり「1円+257円=258円」になるということです。

しかしカテゴリーによっては出品者により配送料が異なりますし、同一カテゴリー内でも重量等で料金は変動してきます。出品者が配送料を自由に決めることができるわけですね。

配送料のチェックは以下のようにしましょう。

マーケットプレイスの配送料の確認方法

1:商品ページ

商品ページに「+配送料」が表示されます。複数業者がいる場合は、一覧ページに表示されます。また、一部地域ではこの金額と異なるケースがあります。

2:注文確定の直前

カートに商品を入れて進んでいくと「注文を確定する」ボタンの下に最終的な配送料の合計が表示されます。

地域も考慮に入れたうえですので、こちらがもっとも確実な料金ですので、必ずこの金額を確認しましょう。

「関東への配送料無料」とは?

「関東への配送料無料」という表示を見かけますが、実は関東以外でも送料無料の場合があります。それを確認するには、上記の「注文確定の直前ページ」で確認しないとわかりません。これはちょっと不便ですよね。

Amazonとマーケットプレイスでまとめ買いする時

マーケットプレイスとAmazonの商品を合わせて買う場合は、それぞれが配送料の対象となります。

以下の3つのケースで説明します。

以下の2商品を買うケース

・Amazonが配送する1,500円の本
・マーケットプレイスの250円の古本

配送料:400円+257円=657円

Amazonの通常配送料400円、マーケットプレイスの本の配送料257円で合計657円の配送料となります。

以下の2商品を買うケース

・Amazonが配送する2,200円の本
・マーケットプレイスの1円の古本

配送料:0円+257円=257円

Amazonの商品は2,000円以上となり配送料は無料で、マーケットプレイスの本の配送料257円がかかるので、合計257円の配送料です。

以下の3商品を買うケース

・Amazonが配送する1,200円の本
・マーケットプレイスの900円の中古本
・マーケットプレイスの1円の中古本

配送料:400円+257円+257円=914円

Amazonの商品の合計が2,000円以下なので通常配送料400円かかります。これに加えて、マーケットプレイスの商品は1点ごとに配送料がかかるので、合計で914円も送料がかかることになります。

配送料を無料にしたい場合は?

Amazonプライム会員になれば、2,000円未満の送料を無料にすることができます。

年会費が3,900円かかりますが、月額換算で325円です。Amazonから配送される商品は通常配送だけでなく、「お急ぎ便」「日時指定」をどれだけ使おうが送料無料になります。

しかし、マーケットプレイスの商品の配送料はプライム会員でも変わりません(プライム配送特典対象のものもあり、そちらは無料です)。たとえば中古本の配送料は257円かかります。

それでも、自分はこのように1年間の送料だけで2万円以上お得になりました。プライム会員費のもとを充分に取れています(画面はプライム会員を退会しようとする時に表示されるメッセージです)。

さらにプライム会員には22もの特典があります。配送料の面がもっとも恩恵にあずかれますが、AmazonビデオやAmazonミュージックといったエンタメコンテンツも充実しています。その内容は以下の記事で紹介しています。

Amazonプライム会員にならなきゃ損?22のできることをまるごと解説

Amazonのサイトのページは以下になりますので、こちらも合わせてご覧ください。

Amazon – Amazonプライム会員

配送料をしっかり把握し、または配送料をしっかり節約し、よいAmazonライフを送りましょう~。

こちらの記事もおすすめ