Amazon

Amazonデリバリープロバイダの全社一覧、追跡と再配達の方法をまとめました

この記事ではAmazonの配送業者であるデリバリープロバイダについて解説しています。

Amazonで買った商品が早く届かないかな~、と心待ちにしていると「発送通知メール」に、配送業者がデリバリープロバイダと書いてある場合が多々あります。

「デリバリープロバイダ」って何?

まずそのことが頭に浮かびます。そこでネットやTwitter等で検索してみると、どうやらAmazonが提携している配送業者の総称らしい。その評判の悪いこと悪いこと。

そんな評判を知った瞬間にテンションが落ちるというか、胸にもやもやが溜まるような嫌な予感に支配されますよね。

  • 指定した日時に来るのか
  • 荷物の追跡はできるのか
  • 再配達はスムーズなのか

 

さまざまな心配が頭の中を駆けめぐります。

僕も心配に感じたので、どんな企業が担当しているのか、そして追跡と再配達等について調べました!

デリバリープロバイダを含む配送業者についてざっと知りたい場合は、Amazonの「配送業者の連絡先」にも掲載されています。

デリバリープロバイダの一覧

デリバリープロバイダとは

「デリバリープロバイダ」とはAmazonと提携している地域限定の配送業者の総称。

全9社で構成されており、営業所・物流センターの位置によって、担当地域がそれぞれ分かれています。

デリバリープロバイダ全9社の一覧

デリバリープロバイダの一覧リスト、営業所や物量センターのある地域は以下です。

業者名営業所・物流センター
TMG大阪、東京、兵庫、広島、岡山、福岡、大分、長崎、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎、宮城
SBS即配サポート東京、千葉、埼玉
札幌通運北海道、宮城、東京、神奈川、埼玉、群馬、栃木、茨城
丸和運輸機関ほぼ全国
若葉ネットワークほぼ全国
ギオンデリバリーサービス東京、神奈川
ヒップスタイル神奈川
遠州トラック静岡、愛知、神奈川、東京、千葉、埼玉、福島、富山
ロジネットジャパン西日本大阪、兵庫、京都、滋賀、愛知、静岡

以上の9社が担当しています。

札幌通運とロジネットジャパン西日本は同じ「ロジネットジャパン」のグループ会社です。

また、丸和運輸機関にはジャパンクイックサービスという子会社がいて、その会社が「桃太郎便」として東京都内を中心に担当しています。玄関先で「桃太郎です」と名乗る配送業者はこちらの業者となります。

なお、以前担当していた「ファイズ」が外れました。配送業者の入れ替え等はしているようですね。

地域によって差異はあるようですが、これらの業者のどれかが、Amazonによって決定されます。こちらから指定はできないので、完全に運ですね~。

先述しましたが、デリバリープロバイダを含む配送業者についてはAmazonの「配送業者の連絡先」にも掲載されています。

デリバリープロバイダの各会社詳細

次に、それぞれのデリバリープロバイダ会社の詳細を紹介します。どんな会社なのかは気になるところです。

TMG

本社は大阪府茨木市で、主に西日本を中心に物流センターがあります。

創業は1982年ですから、運送業者としては比較的長く営業してきています。

デリバリープロバイダの荷物追跡や再配達の依頼はこの「TMG」のページにほぼ集約されているので、デリプロの中でも中心的な運送会社となっています。

>>TMG公式サイト

SBS即配サポート

本社は東京都江東区。物流事業は1993年開始。南関東圏を主戦場としています。

東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象に、軽トラックによる約600台の車両による混載ネットワークを構築しており、年間1600万個の配送実績があります。

親会社は東証1部上場企業のSBSホールディングス。物流以外に不動産や人材派遣、産廃業等をグループ会社を通じて展開しています。

なお「SBS」は「Sougo Butsuryu System」の頭文字の略です。

>>SBS即配サポート公式サイト

札幌通運

本社は北海道札幌市。ロジネットジャパングループの事業会社として、北海道を中心に関東、関西、中部、東北において輸送サービスを提供。

設立は1950年とのことで、運送業者としては老舗中の老舗。鉄道、航空、フェリー等の運送も手がけています。

2005年に東京の中央通運と経営統合し、ロジネットジャパンを設立しそのグループのひとつとしてサービスを提供しています。

営業範囲は北海道がメインですが、それ以外の地域でもお目にかかる機会がありそうです。

>>札幌通運公式サイト

丸和運輸機関

設立は1970年。本社は埼玉県吉川市にあります。

意外にも東証一部上場企業で、着実に成長を遂げてきている企業です。

事業所も全国に展開しており、デリバリープロバイダとして担当となる可能性の高い運送会社といえます。

>>丸和運輸機関公式サイト

若葉ネットワーク

1989年設立。本社は神奈川県横浜市。熊本県にも営業所があります。

ドライバーは業務委託中心で、質の面では当たり外れが大きそうです。

>>若葉ネットワーク公式サイト

ギオンデリバリーサービス

2013年設立ということで新しい会社ですが、親会社「ギオン」は1965年創業。以前から運送業を営んでいます。

神奈川県相模原市に本社があり、Amazon専用のデリバリーステーションを川崎に新設するなど、本格的にAmazonとの結びつきを強めてきています。

>>ギオンデリバリーサービス公式サイト

ヒップスタイル

こちらも2013年に設立された会社で、これまた神奈川県横浜市に本社があります。

経験や実績はまだまだなので、デリバリープロバイダの担当となると不安が増しそうです。

>>ヒップスタイル公式サイト

遠州トラック

設立は1965年で、本社は静岡県袋井市。

静岡県内から関東圏にかけてが主な営業範囲になります。

デリバリープロバイダとしては後発です。地域は限定されているものの実績はあるので信頼できそうですが、Amazonのシステムに慣れるまでは不手際も多そうですね。

>>遠州トラック公式サイト

ロジネットジャパン西日本

設立は1968年。本社は大阪市にあり、大阪府から兵庫県、愛知県にかけて担当。

こちらもデリバリープロバイダとしては後発会社ですが、札幌通運とグループ会社を形成しており、ノウハウが行き届けば安心できそうです。

>>ロジネットジャパン西日本 公式サイト


以上、全9社を見てきましたが、案外にも創業年の古い会社が多く、Amazonも手当たり次第に運送会社を選んでいるというわけではなさそうです。

今後、経験を積んでいくことで改善していくことを期待します。

では次に「荷物追跡」について、実際の画面を見ながら紹介します。



デリバリープロバイダの追跡

何よりも、荷物が移動しているのかが気になるところ。

微動だにしていない、じゃ困りますからね……。

基本的にデリバリープロバイダの荷物は、デリバリープロバイダのひとつであるTMGが運営する以下のページで、一括で管理されています。

配送中お荷物の状態照会

そのためなのか、発送メールが届いてもどこの配送業者かまではわからない時があるんですよね。一方、発送メールにちゃんと記載してあったり、不在票に書いてあることもありますので要確認です。

では、実際に荷物追跡画面を見ながら説明をしていきましょう。

「荷物の状態照会画面」の操作方法

こちらが入力画面。

amazonの配送中荷物の状態照会 - お問い合わせ番号入力

ちょうどデリバリープロバイダである丸和運輸機関を引いてしまった商品があったので、問い合わせ番号(伝票番号)を入力します。

amazonの配送中荷物の状態照会 - 荷物の状態照会結果

「輸送中」! 詳細が見られるようなので、右の「詳細情報を表示する」ボタンをクリックします(問い合わせ番号は塗りつぶしています)。

amazonの配送中荷物の状態照会 - 荷物の詳細情報 - 配送データ受信その1

なるほど、データを受信して、それでもって配達店まで輸送しているというわけですね。ちなみに僕の自宅は新宿ではありませんよ~。

amazonの配送中荷物の状態照会 - 荷物の詳細情報 - 配送データ受信その2

荷物が届く当日朝の状態。午前中の指定なんですが、10時過ぎの段階でまだ配達店まで輸送中なの……。どきどきしてきます。そして、

突然、11時10分頃に届きました。

amazonの配送中荷物の状態照会 - 荷物の詳細情報 - 配達完了

受け取り後、しばらくしてから「配達中」になりましたが、2時間後くらいに再確認すると「配達完了」となっていました。無事に届いて良かったです。

追跡機能は問題なく稼働しているようですね。

※ギオンデリバリーサービスが配送する商品は当該サイトでの検索はできませんが、Amazonの注文履歴から検索できます

続いて「再配達」について紹介します。

デリバリープロバイダの再配達

デリバリープロバイダのサイトから再配達依頼

こちらもTMGが請け負っており、以下のページから再配達の依頼ができます。

再配達依頼サービス

■指定可能時間帯(配達時間)

  • 9:00〜12:00
  • 12:00〜14:00
  • 14:00〜16:00
  • 16:00〜18:00
  • 18:00〜20:00
  • 20:00〜21:00
  • 指定時間なし

問い合わせ番号(伝票番号)を入力し、再配達依頼をしましょう。

なお、当日配達の場合、9時~18時までは当日の9時まで、18時~21時の場合は当日の18時までが受付時間となっています。

配達時間は、上記のように午前9時~午後9時の間です。

※配達前の日時変更はできません

デリバリープロバイダに電話で再配達依頼

デリバリープロバイダの再配達は電話で受付もできます。

電話: 0120-130-661 (フリーダイヤル、9:00-21:00)

自動電話受付: 050-5525-7445(24h)

問い合わせ先はAmazonのヘルプページ「配送業者の連絡先」に掲載されています。

配送業者がADPと表示され、商品の追跡番号が「DA」から始まっている場合は、

不在時置き配サービス

なお、不在時置き配サービスを利用できるデリバリープロバイダもあります。対象商品には「不在置き配」のボタンが表示されます。

不在時置き配とは、お客様が配達時にご不在だった場合に、ご指定の場所に商品をお届けすることで配達を完了するサービスです。

Amazon.co.jpが発送し、一部のデリバリープロバイダがお届けするご注文が対象です。

対象注文の場合は注文後、注文履歴に不在時置き配を指定というボタンが表示されます。以下の方法で置き配をご指定ください(置き配の利用手数料は無料です)。

  1. 該当する注文の不在時置き配を指定ボタンをクリック
  2. ドロップダウンからご希望のお届け場所を選択
  3. 決定をクリック

 

Amazonヘルプページ「不在時置き配サービスを利用する」より

※「配送指示」入力フォームもあり、「宅配ボックス」「玄関前」等、自分で入力もできます

ただし、置き配された荷物が盗難されるおそれもありますので、ご注意くださいね~。

なお、置き配用の宅配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を利用すればデリバリープロバイダも対応してくれます。

その時の実際の利用レポートを下記の記事で紹介しています。この時は丸和運輸機関による配送でしたが、ちゃんと置き配に対応してくれました。

関連記事>>OKIPPA(オキッパ)で再配達とサヨナラ!置き配の方法、使用レポート



デリバリープロバイダの実際の対応感想(評判)

僕が体験したのは、

  • TMG
  • SBS即配
  • 丸和運輸機関

の3社。

実はいずれも問題なく時間通りに配送されました。

再配達も問題なく対応でき、運んできたドライバーの態度も普通でした。

運送会社全体が悪いのではなく、やはり個々のドライバーの問題かもしれませんね。教育の行き届いている人の割合が少ないのでしょうか。

今後も気をつけつつ、こちらの記事をアップデートしていきます。

と言っていたところ、つい最近、丸和運輸機関に当たった時のことです。日時指定14時~16時にしていたのに、12時過ぎに配達に訪れました。

家にいたので問題なかったのですが、不在だとどうなっていたのでしょう……。「早く来ちゃいましたが大丈夫でしたか」と言ってくれたので、このケースで不在なら、当初の時間帯に再訪問という感じでしょうか。

その後も丸和運輸機関に当たるケースが多かったものの、なかなか感じの良いお兄さんが配送担当になったようで、今のところ好印象です。自分に限っては、「評判よりは良いな~」という感想ですね。

ネット上の評判

しかし、ネット上ではまだまだ「最悪」等といった、評判の悪い状態が続いています。

デリバリープロバイダのTweet_bad

指定時間に届かない、かつ誤配という酷いケースです。

デリバリープロバイダのTweet_bad2

箱が破れてますね……。

デリバリープロバイダのTweet_good

一方、ヤマトと同じように配送されたという方も。まだまだ少数派ですが、問題なく配達できている場合もありますね。

とはいえ全体的にはネガティブな意見が多い、デリバリープロバイダの配達実態。配送する社員の質の向上を切に願います。

荷物が届かない、来ない時の対応方法は?

商品が届かない・来ない時、対面対応がいいかげんな時といった場合の対処法です。その場合は、

Amazonのカスタマーサービスに連絡すると良いでしょう。

以前別件で連絡した時に、迅速に対処してくれたこともあり、なかなかの好印象。

我慢ならないクレームを入れる時は、最初からAmazonの方に連絡した方が賢明かもしれません。

デリバリープロバイダを回避する方法は?

日時指定

「日時指定」がこれまでは一般的な回避方法でしたが、最近はデリバリープロバイダも日時指定に対応しています。

このところ、僕は数回連続で日時指定でデリバリープロバイダに当たっていますので、確実に回避することはできなくなっています。

回避するために日時指定を選択していたのですが……。

また、通常配送、お急ぎ便についてもデリバリープロバイダも担当します。どの配送会社にするかは完全にAmazon側の指定となりますので、このあたりの設定で回避することはできません。

なお、日時指定便を含めたAmazonの配送料については以下の記事で紹介しています。

関連記事>>【Amazon】配送料の仕組みを解説!無料で配送する条件とは?

マーケットプレイスを使う

マーケットプレイスの場合、それぞれの店舗が契約している配送業者が配送してくれますので、デリバリープロバイダを避けられる可能性が高いです。

ただ、マーケットプレイスでもAmazonが配送する場合(Amazonプライムとしても配送する商品あり)がありますので、その時はデリバリープロバイダが担当する可能性が高いです。配送方法についてよく確認しましょう。

Amazonプライムナウを使う

Amazonプライムナウはデリバリープロバイダではない専属の配送業者が担当していますので、プライムナウ対象地域の方は利用を検討してみても良いかもしれません。

ただ、利用できる地域が限られます。

プライムナウについて以下の記事で紹介しています。

関連記事>>Amazonプライムナウを実際に利用!対象エリア、使い方や仕組み、感想まとめ

コンビニ受け取り、ヤマト運輸営業所受け取り

今のところ、完全に回避するにはコンビニかヤマト運輸営業所で受け取るしか方法はないようです。

Amazonの店舗受取については以下の記事で紹介しています。

関連記事>>Amazonコンビニ受取、ヤマト運輸営業所受取の方法、実際の利用感想まとめ

上記の記事では、実際にヤマト営業所で受け取った際のレポートも紹介しています。

実は初めて自宅以外で受け取ったのですが、自分のペースで受け取れるので、特に帰り道にある場合はかなり便利に感じました。

また、デリバリープロバイダではないという安心感がありますね。

その他の運送会社の荷物追跡、再配達の依頼

デリバリープロバイダ以外の運送会社は以下になります。

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本郵便
  • カトーレック
  • ヤマトホームコンビニエンス
  • SGムービング
  • プラスカーゴサービス

それぞれの会社の荷物追跡、再配達の依頼先はAmazonの下記ページに一覧がありますので、こちらをご覧ください。海外配送の配送業者も一覧になっています。

Amazon – 配送業者の連絡先

追跡サイトや再配達の依頼方法等がありますので、該当する方は確認してみましょう。

なぜデリバリープロバイダに委託しているのか

デリバリープロバイダ以外にも、引き続きヤマト運輸、佐川急便等はAmazonの商品を配送しています。

ではなぜ、Amazonはデリバリープロバイダに委託しているのでしょうか。利用者としてはとても気になるところですよね。

ヤマト運輸の値上げ

2017年にヤマト運輸は、Amazonに対して配送料金の値上げを要求しました。これまでは安価で請け負っていたのですが、この値上げに対してAmazonは対策を講じざるを得なくなりました。

そこでAmazonが目を付けたのは、地域に根付いた運送業者です。

それらの運送業者に対して立場の強いAmazonは、安価で配送を委託することができます。特に無料配達のある通常配送は、デリバリープロバイダはうってつけというわけです。

配送業者の不足

また、運送業界全体で配送業者が不足していることも理由のひとつです。

したがって効率性を重視する必要があり、地域性が特性の配送業者に委託することでそうした面もクリアできると踏んだのでしょう。

立場の弱いデリバリープロバイダ

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便等の大手配送業者に比べると、明らかに立場的に弱いのがデリバリープロバイダです。

価格交渉を主軸に、Amazon側の意向が通りやすいのは明らかにデリバリープロバイダに対してであって、そうした事情が背景にあることも大きな理由でしょう。

デリバリープロバイダのまとめ

  • デリバリープロバイダは全9社
  • 追跡可能
  • 再配達可能
  • 現時点で個人的に大きな問題なし
  • クレームはAmazonに直接
  • 回避方法は「コンビニかヤマト営業所で受け取り」

個人的には特にひどい目に遭っていないので悪印象はありませんが、ネット上の評判を見るとまだまだ気は抜けません。

もちろん、配送業者の方も大変だな~、と常日頃から思っていますので、良い点も良いと紹介していきます。

また今後も何か変化、気になる点があれば、こちらの記事で紹介していきます。

皆様もよいAmazonライフを~。


Amazonでお届け日時指定便(お急ぎ便も)が無料になるのはAmazonプライム会員限定となります。そのほか、ビデオや音楽が月額放題で、そうしたコンテンツにも興味がある方はオススメです。

初月無料で、継続しても税込年間プラン3,900円(月換算325円)、月額プラン400円なので、かなりお得なサービスです。僕はかれこれ5年以上継続しています。

いろいろ特典はありますが、個人的には配送関係の便利さと、エンタメコンテンツが大きいですね。

Amazonプライムについては以下の記事で紹介しています。

関連記事>>Amazonプライム会員にならなきゃ損?22のできることをまるごと解説

未加入でご興味のある方はどうぞー。

こちらの記事もおすすめ