野球

ミスタードラゴンズ・立浪和義の成績、年俸の推移と監督就任予想

東海地方出身で中日ドラゴンズファンのイカリです。

ここ数年はBクラスに甘んじており、ファンとしてもなかなかつらいシーズンを過ごしています。

毎年、監督人事のたびに、ちらほらと話題にのぼるのがミスタードラゴンズ・立浪和義氏。

彼はいったい中日ドラゴンズでどんな活躍をしてきて、ミスタードラゴンズと呼ばれるようになったのでしょうか。

そこで今一度、彼の経歴、成績、そして年俸の推移を追ってみます!



「ミスタードラゴンズ」立浪和義の経歴

  • 生年月日:1969年8年19日生まれ
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 身長:173cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:A型
  • 出身校:大阪府摂津市立鳥飼小学校→摂津市立第五中学校→PL学園高校
  • ドラフト:1987年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団
  • 球団在籍年数:22年(1988年~2009年)
  • タイトルと表彰:
    新人王
    ベストナイン2回
    ゴールデングラブ賞5回
    野球殿堂入り
  • 日本記録:通算最多二塁打(487二塁打)
  • 在籍中のリーグ優勝:1988年、1999年、2004年、2006年、2007年(2位から日本一に)

ドラフト直前の夏の甲子園大会では、21打数9安打、2本塁打、8打点と活躍してPL学園の主将、3番ショートとして優勝へと導きました。

ドラフト会議では南海ホークスと競合。中日・星野仙一監督と南海・杉浦忠監督がくじを引き、星野監督が当たりくじを引きました。

なお、当時の中日ドラゴンズの関西地区担当は、現在編成部アマスカウトディレクターの中田宗男氏でした。

ちなみに中日ドラゴンズに在籍したタイロン・ウッズとは、生年月日が同じです。

そして2019年1月15日、野球殿堂入りが発表されました。おめでとうございます!

 

それでは成績と年俸推移を見ていきましょう。

 



立浪和義選手の成績と年俸推移

※太字はキャリアハイ。二塁打通算は日本記録。

高卒ルーキーでショートのレギュラーに抜擢され、新人王を獲得

その後も安定した活躍をし続けていることがわかりますね。

年俸は総額約28億5,380万円也!
※金額は推定

全盛期の守備、晩年の打撃はこちらの動画で見られます。上原投手からのサヨナラ満塁ホームラン、そして現役最後の打席もツーベース! 素晴らしいですね。ミスター・ドラゴンズと言われるのもうなずけます。

監督就任への期待

立浪和義氏の監督への期待は、毎年のように浮上しては消えています。

なぜ立ち消えてしまうのか。

暴力団との関係、女性関係(以前、梅宮アンナと噂になりましたね)、白井文吾オーナーとの確執等、さまざまな憶測が飛び交っています。

僕も立浪和義氏のルーキー時代から見ているだけに、彼の監督就任に大いに期待している一人。黒い噂はただのゴシップだと信じたいところであります。

PL学園主将、ドラゴンズ選手会長、日本プロ野球選手会副会長等、チームや選手をまとめあげる役割をこなし続け、統率力とリーダーシップは抜群の立浪氏。

一度で良いので立浪監督の勇姿を見てみたいものです。

と言っていたところ、与田剛氏が監督として就任しました!

与田氏の選手時代の成績、年俸などは、【剛球ストッパー】与田剛の成績、年俸の推移としてまとめていますので、ご参照ください。

立浪氏にはまた数年後の監督就任を期待したいですね。

なお、中日ドラゴンズには立浪氏以来の新たな高卒野手スター候補として、根尾昂選手が入団しました。「中日ドラゴンズ・根尾昂選手の経歴、成績、年俸、背番号、応援歌等をまとめました」の記事でも紹介しています。