野球

怪物・松坂大輔投手の成績、年俸の推移がスゴすぎる!

「平成の怪物と」言われた松坂投手。古巣の西武に復帰するも、2021年7月7日に引退が発表され、正式に引退が決まりました。

引退試合は10月19日(火)の日本ハム戦(17:45試合開始/メットライフドーム)。対戦打者は近藤選手です。最後の投球は四球という結果に終わりましたが、120キロに満たない球速には往年の姿はありませんでした。それでも投げている雄姿は、記憶の中の松坂大輔投手そのものでした。

そんなわけで、今一度、彼の経歴、成績、そして年俸の推移を追います!



「平成の怪物」松坂大輔の経歴

  • 生年月日:1980年9年13日生
  • 出身地:東京都江東区
  • 身長:183cm
  • 体重:93kg
  • 経歴:横浜高等学校
  • ドラフト:1998年ドラフト1位で西武ライオンズに入団
  • プロ野球年数:23年(西武1999~2006、レッドソックス 2007~12、メッツ2013~14、ソフトバンク2015~17、中日2018~19、西武2020~21)
  • タイトルと表彰:
    ・最多勝利3回(1999~2001)
    ・最多奪三振4回(2000、2001、2003、2005)
    ・最優秀防御率2回(2003、2004)
    ・新人王 (1999)
    ・沢村賞1回 (2001)
    ・ベストナイン3回(投手部門:1999~2001)
    ・ゴールデングラブ賞7回(投手部門:1999~2001、2003~2006)
    ・カムバック賞(2018)

1998年(平成10年)、松坂大輔を擁する横浜高校は神宮大会、春の選抜甲子園、夏の甲子園、国体の4冠を史上初めて達成。

1998年8月22日の甲子園決勝で、ノーヒットノーランを達成した時の映像です。これぞ怪物。

「平成の怪物」と呼ばれた松坂投手はドラフトの目玉となる。ドラフト会議では西武ライオンズ、日本ハムファイターズ、横浜ベイスターズと3球団が競合。

くじを引き当てた西武ライオンズにドラフト1位で入団しました。※本人は横浜ベイスターズのファンだったらしいですが……

プロ入り後は入団から3年連続の最多勝等、数々の記録を打ち立てました。

1999年4月7日のデビュー戦での投球。すさまじい球を投げています(初球は2:00から)。

2007年にポスティングでメジャー移籍。

ボストン・レッドソックスでは1年目から活躍して2年連続2桁勝利をマークします。しかし3年目からは振るわず、2013年にはマイナーリーグを経てニューヨーク・メッツに移籍。

2011年のレッドソックスでの投球。2試合連続で1安打ピッチングをした時の映像です。キレが良いですね~。

全盛期のピッチング集も紹介いたします。

2014年にソフトバンクホークスに入団して日本球界に復帰。4億円の3年契約ということで話題になりました。

しかし肩の痛みに悩まされ、2016年10月2日の1試合のみの登板で終わります。

2018年には中日ドラゴンズの入団テストを受け、年俸1,500万円で入団。前年4億円から3億8,500万円減の1,500万円の契約は、これまた話題となりました。

2020年シーズンは年俸3,000万円+出来高で西武ライオンズと契約。しかし復活することなく引退となりました。

最後の投球は8分40秒くらいから見られます(パ・リーグTVより)。

なお、プロ初先発も日本ハム戦でした。その時は8回2失点で、いきなり初勝利を飾っています。



松坂大輔投手の成績と年俸推移

年度球団試合勝利敗戦防御率推定年俸
1999西251652.601300万
2000西271473.977000万
2001西3315153.601億
2002西14623.681億4000
2003西291672.831億1500
2004西231062.902億
2005西2814132.302億5000
2006西251752.133億3000
20073215124.406億3333
2008291832.908億3333
200912465.768億3333
201025964.698億3333
20118335.3010億3333
201211178.2810億3333
20137334.421017万
201434333.891億5000
20150004億
20160004億
201710018.04億
201811643.741500万
201920116.888000万
2020西0003000万
2021西0002000万
NPB通算 218114653.0426億6300万
MLB通算 15856434.4566億7817万

※年俸は推定
※太字はリーグ最高
※レ=レッドソックス、メ=メッツ

高卒ルーキーでいきなり16勝をあげて最多勝これだけでも怪物の名にふさわしいですね。3年目にはもう1億円の大台にのりました。

最盛期の成績はすさまじいものがあります。特に西武最終年とメジャー移籍後の2年間。それぞれ17勝5敗と18勝3敗という、非の打ち所のない好成績。

なお、総額年俸は26億6,300万円、約66億7,817万円

日米総額約93億5,117万円也!
※金額は推定

通算成績

  • 日本のプロ野球通算成績
    218試合、114勝、65敗、防御率3.04
  • メジャーリーグ通算成績
    158試合、56勝、43敗、防御率4.45
  • 日米通算成績
    374試合、170勝、108敗

通算成績は以上のとおり。日米通算200勝まであと30勝。さすがに難しかったですね。

年俸の推移グラフ

松坂大輔を語るうえで、その巨額の年俸は外せません。

グラフにすると、その変動がよくわかります。

このグラフっぷり!!

変動が大きすぎて細かい数値は見づらいかもしれませんが、メジャー移籍後の2007年から2012年までは6億円から10億円の高額年俸を維持しています。

そして2013年のダウンも豪快。

そこからの巻き返しと(ほとんど登板してないですが…)、2018年のダウンもインパクト大。

2019年はアップしましたが活躍できず、かつドラゴンズ退団の道を選び、西武ライオンズに入団します。

しかし西武では引退試合を除いて登板なしのまま、引退となってしまいました。しかし強烈な印象と記憶を見る者に残したのは事実。お疲れさまでした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です