野球

【くせ者】元木大介選手の成績、年俸の推移をまとめました

2019年シーズンから原辰徳監督を擁して優勝、日本一を狙う読売ジャイアンツ。

コーチ陣の顔ぶれも刷新されましたが、その中でも気になる存在なのが「くせ者」として名を馳せ、1軍の内野守備走塁コーチとして就任が決まった元木大介氏。

1990年代から2000年代半ばまで活躍した元木氏。いったいどんな人物だったのでしょうか。

そこで今一度、彼の経歴、成績、そして年俸の推移を追ってみます!

「曲者」元木大介の経歴

  • 生年月日:1971年12年30日生
  • 出身地:大阪府豊中市
  • 身長:180cm
  • 体重:83kg
  • 経歴:上宮高校
  • ドラフト:1989年ダイエーホークス1位指名拒否→1990年読売ジャイアンツ1位指名
  • プロ野球年数:15年(巨人1991~2005)
  • タイトルと表彰:オールスターゲーム出場 (1998年、1999年)
  • 妻(嫁):大神いずみ(フリーアナウンサー、タレント)

上宮高校時代は甲子園に3回出場。強打のバッターで知られ、甲子園通算6本塁打は清原和博に並んで歴代2位タイ。

1989年のドラフトでは巨人が大森剛を1位指名、ダイエーが野茂英雄の外れ1位で元木を指名も、これを拒否。

1年間ハワイで野球留学をして過ごしました。

元木大介選手の成績と年俸推移

年度試合打率HR打点推定年俸
1991840万
199234.18602860万
199380.237415980万
199490.2804252000万
199567.2443253900万
199691.2299353480万
1997101.2829323660万
1998114.2979554600万
1999114.2296347500万
2000114.2745297000万
2001123.2929398800万
2002121.2576521億2000
200360.2240141億2000
200455.2402131億
200541.305081億
通算1205.262663789億5820

成績自体はそんなに目を見張るような数字はありません。高校時代の強打者のイメージは捨て、つなぎ役に徹していました。

しかし隠し球や状況を読んだ打撃(1998年には得点圏打率1位)等の高いセンスによるプレーから、当時の長嶋監督に「くせ者」と評されるほど、存在感のある選手でした。

元木選手の隠し球の映像がこちら(50秒から)。これは失敗映像ですが、どのように隠し玉までもっていくかがよく分かります。

彼はその存在そのものに価値があるとされ、最高で1億2000万円と言われる推定年俸を勝ち取ることができたのでしょう。正直、意外なほど貰っていたんだな~と思いました。



まとめ

33歳という若さで引退した元木氏は、その後はバラエティー番組などで知られるようになっていきます。

どんなコーチになり、選手にどんなアドバイスを送るのでしょうか。そして新たな「くせ者マインド」を引き継ぐ選手は現れるのでしょうか。今から楽しみですね。

なお、下記の著作もあります。気になる方はぜひチェック!

野球おもしろエピソード集。

こちらは自伝です。彼の独特な考えがわかるかもしれませんね!

関連記事>>【ゴジラ】松井秀喜選手のスゴい成績、年俸推移をまとめました

スポンサーリンク