野球

【リードオフマン】西岡剛選手の成績、年俸推移をまとめました

個性派のリードオフマンとして名を馳せた西岡剛選手。2018年オフに阪神タイガースを自由契約となり、現在は去就が決まっていません。

ロッテでの華々しい活躍、そしてメジャーリーグへの挑戦、さらには阪神タイガースで輝きを取り戻した西岡剛選手。

そこで今一度、彼の経歴、成績、そして年俸の推移を追ってみます!

「リードオフマン」西岡剛の経歴

  • 生年月日:1984年7年27日生まれ
  • 出身地:大阪府大東市
  • 身長:182cm
  • 体重:81kg
  • 血液型:A型
  • 経歴:大阪桐蔭高校
  • ドラフト:2002年ドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団
  • プロ野球年数:15年(ロッテ2003~10、ツインズ2011~12、阪神2013~18)
  • タイトルと表彰:
    ・首位打者1回(2010)
    ・最多安打1回(2010)
    ・盗塁王2回(2005、2006)
    ・ベストナイン4回
    ・ゴールデングラブ賞3回
    ・月間MVP3回

かの大阪桐蔭高校では3年時に、主将で4番打者をつとめて夏の甲子園(2002年)に出場しました。残念ながら東邦高校に敗れて一回戦敗退でしたが、千葉ロッテマリーンズのドラフト1位指名を受けて入団しました。

2004年に高橋慶彦コーチの指導により、左打ちからスイッチヒッターに転向しました。

その後は首位打者や盗塁王のタイトルを獲得する等して、一流選手としての実績を重ねていきました。



西岡剛選手の成績と年俸推移

年度球団試合打率本塁打打点盗塁推定年俸
2003ロッテ36.333010700万
2004ロッテ57.2556358700万
2005ロッテ127.268448411700万
2006ロッテ128.282427335100万
2007ロッテ119.300340277000万
2008ロッテ129.3001349181億4000万
2009ロッテ130.2601441261億6000万
2010ロッテ123.3461159221億7000万
2011ツインズ68.26601923億
2012ツインズ3.0000103億
2013阪神130.290444112億
2014阪神131.2370402億
2015阪神112.26221411億8000万
2016阪神116.29501561億800万
2017阪神119.2280539000万
2018阪神7500万
MLB通算71.21502026億
NPB通算1100.2896138219614億7500万
通算1171.2846140219820億7500万

※太字はリーグ最高

年俸総額は20億7500万円!

俊足巧打、そして華のある守備が評価され、堂々の20億円超えの推定年俸です。

通算成績では打率が.280を超えており、なかなかの好成績。しかしここ2年は思うような結果を残せませんでした。

西岡剛選手のエピソード

グラティー

西岡選手といえば、「グラティー」のパフォーマンス。

ホームランやサヨナラ安打を放ったチームメートを出迎える際のチームパフォーマンスとして発案。左右の親指、人差し指、中指を立てたまま空中へ一斉に腕を振り上げるポーズであり、当時チームメートの関本賢太郎と共に提案しました。

2013年に採用されたものの、相手を挑発する、敬意がないというOBの声もあり、2014年以降は自粛。

こちらが「グラティー」。もう見ることはできないでしょうか。

日本シリーズで守備妨害ゲームセット

2014年の日本シリーズでの守備妨害でゲームセットも印象的。

第5戦(ヤフオクドーム)の9回表1死満塁での打席で一塁ゴロを放った際、ラインの内側を走ったため守備妨害との判定が下されました。しかもこのプレーによって試合終了となり、チームのシリーズ敗退が決まってしまいました。

こちらがその映像。2分40秒過ぎに西岡選手が一塁ゴロを打ちます。なかなか微妙な判定ですが、審判がよく見ていたということでしょう。

好守のプレースタイル

西岡選手といえば守備。華麗な好プレーをご覧ください。

西岡剛選手の去就

2018年11月13日に、西岡選手はトライアウトを受けました。その後、古巣のロッテは獲得を否定。

今のところ獲得を表明した球団はありません。このままどの球団も名乗りをあげなければ、最悪引退、またはかつての村田修一選手のように独立リーグに移る可能性もあるでしょう。

当ブログでは、今後も西岡剛選手の動向を見守っていきます!