成城石井

食レポ:成城石井の「モーモーチャーチャー」はごちゃまぜオリエンタルデザート

成城石井でたびたび見かけ、名称の脱力感が気になっていた「モーモーチャーチャー」。

ついに買ってみましたので、食レポートいたします!

「モーモーチャーチャー」とはマレーシア語で「ごちゃまぜ」という意味だそう。

実際にマレーシアでは「ボボチャチャ」と言い、ココナッツミルクにタピオカ、サツマイモ、カボチャ、タロイモ等の芋類が入ったデザートとして人気とのこと。

そして、この「ごちゃまぜ」という名がふさわしいと思えたのは、実際に「まぜてから」だったのです!

その理由はどうしてでしょう……さっそく食レポをお送りします!



「成城石井」モーモーチャーチャー食レポ

容器越しに見ても、白いのとか黄色いのとか茶色いのとか、カラフルですね~。さすが南国のデザート。

お値段は税込431円。なかなかの価格!

原材料はこちら。

彩っているのは、さつまいも甘露煮、赤えんどう豆煮、ひよこ豆のかのこ、羽二重餅……等々。

蓋を取りましょう。

おおっ、より

別盛りになっているので、上部の皿を取り出します。

それでは、のせてみましょう!

できあがり! おいしそう。

いただきます!

お~~、具材それぞれの個性が際立っています。そして生地はココナッツ味! とろ~りと溶けます。

こちらは「ココナッツブランマンジェ」。

ブランマンジェとは?

フランス語で「白い食べ物」という意味。「アーモンドの豆腐」とも呼ばれる冷菓です。

口の中にさまざまな味が広がり、「ごちゃまぜ」という名がふさわしい。

しかし、こちらの「月3万個以上売上げる、成城石井『モーモーチャーチャー』の開発秘話。」の記事を見ると、

まぜて食べるといいらしい。

本当かな~、と思いつつ、まぜまぜしてみました。

なんだかヨーグルトみたいです。さて……あらためていただきます!

えええええええ、これは、うまい!!!!

まぜて食べると、全然違う。さらにおいしい!

なめらかなココナッツブランマンジェの後を追って、それぞれの具材の味が広がります。また、赤えんどう豆の塩気がアクセントになって、パクパクと食べ進められます。

羽二重餅の柔らかも際立ち、なんというか……オリエンタルな味わい!

これこそ「ごちゃまぜ」の名がふさわしい! あっという間にたいらげてしまいました。

最初はそのまま少し食べた後にまぜて食べると、それぞれ違った味が楽しめてお得です。

ごちそうさまでした!

なお、Amazonでは「成城石井」おすすめ商品を扱っていますので、ご興味のある方はぜひチェックを。意外な掘り出し物が見つかるかもしれませんよ~。

「成城石井」おすすめ商品

※先ほどの開発秘話は、「プレミアムチーズケーキ」の食レポでも紹介した成城石井「セントラルキッチン」の光野さんへのインタビューになります。

食レポ:成城石井プレミアムチーズケーキがクリーミーでハマる!年間100万本が売れるチーズケーキ 成城石井に行くと、たいていワゴンに積まれているこちらのチーズケーキ。じつはもう10年以上前に発売さ...
こちらの記事もおすすめ