成城石井

食レポ:成城石井「いちごバター」でトーストが上品デザートに早変わり

口コミなどにより売り切れが続出して、入手困難な成城石井の「いちごバター」。

国産いちごにバターをブレンドした、スプレッド(パンやクラッカーなどに塗る「塗り物」のこと)です。ジャムではなく「スプレッド」と記載しています。

ちなみにアメリカ食品医薬品局 (FDA) の基準では、果実と砂糖を煮詰めて作る「ジャム」のうち、糖度65%以上かつフルーツ45%以上を含むものが「ジャム」、糖度65%以下のものを「スプレッド」と呼ぶと定義しています。

なのでこちらの商品は、糖度が普通のジャムより低めということになります。

成城石井の店頭にあるのを発見したので、思わず手に取って購入しました! 食べ方は「トースト」にしてみます。



成城石井「いちごバター」とトーストの食レポ

瓶にぎっしり詰まったいちごバター。

お値段は699円(税抜)。なかなかの価格です!

名称はジャムではなく「いちごスプレッド」。

原材料は上記のとおり。少なめでいいですね。

なお、開栓後は10度以下に保管して、清潔なスプーンなどですくってくださいとあります。というわけで、使用後は冷蔵庫に保管しました。

蓋を取ります。赤い大地! これは……すでにおいしそうです。

パンも成城石井で調達しました。「パン職人のこだわり湯種食パン」です! ※水滴がついているのは冷凍保存していたためです

いちごバターにはバターが入っているので、温かいトーストのほうが溶けて味わいが広がると判断し、オーブンでこんがりトーストしました。いい感じのキツネ色。

それでは塗ります!

塗りました!

いちごバターはトーストにのせるとみるみるうちに馴染んでいき、写真のとおりに。いちごがゴロッと入っていて、こちらもシズル感をわき立たせます。

別角度からも。

では、いただきます!

ん~~、おいしいです! いちごの酸味がバターと混ざり合うことで、すっきりとした後味におさまります。甘さが主張するジャムというより、上品なデザートを味わっている感覚。

これはいいですね。ついつい2枚も食べてしまいました。

トーストだけでなく、バニラアイスクリームにトッピングしたり、成城石井のスコーンにつけたりしても美味しいという情報もあるので、今度は違った楽しみ方をしてみたいです。

成城石井「いちごバター」は数量限定。

パン好き、ジャム好きなら一度は食べておくことをおすすめします!(通販は下記サイトからでも買えます)

ちなみに同じ成城石井で売っている「ホットビスケット」に塗っていただいた際のレポートは、成城石井「ホットビスケット」の美味しい食べ方いろいろアレンジで食レポしていますので、よろしければご覧ください。

なお、Amazonでは「成城石井」おすすめ商品を扱っていますので、ご興味のある方はぜひチェックを。意外な掘り出し物が見つかるかもしれませんよ~。

「成城石井」おすすめ商品

こちらの記事もおすすめ