ジャパニーズウイスキー

サントリーウイスキー「知多」の評価、おすすめの飲み方

サントリーのシングルグレーンウイスキー「知多」を入手しました!

愛知県知多市のサントリー知多蒸留所で作られているウイスキーです。

シングルとは一つの蒸留所で作られたウイスキーで、グレーンというのはトウモロコシ等を原材料にしたウイスキー。

サントリーウイスキー「知多」全景

こちらです! 山崎や白州と同じく、筆書きのラベル。

すでに半分ほど飲んでおります。

希望小売価格は税抜きで3,800円。

おおむねどこのお店でも、税込4,000円前後で売られています。自分は近くのドラッグストアの改装セールで税込3,600円ほどで購入しました。

サントリーウイスキー「知多」ラベル

ラベル近影。「知多蒸留所謹製」と記載があり、高級感を感じます。

サントリーウイスキー「知多」裏面

裏面です。アルコール度数は43度。

原材料にモルトの表記が表記がありますが、原料となるトウモロコシやライ麦、小麦等のグレーンに大麦麦芽(モルト)を少量添加して糖化、発酵する必要があるためです。

なので、ほぼ100%に近い割合でグレーンを使用したウイスキーになります。

サントリーウイスキー「知多」キャップ

プラスチックキャップです。

コルクキャップに比べると、プラスチックはやや風情が劣りますが、開け閉めが楽。普段飲みのウイスキーなのでむしろ歓迎です。

サントリーウイスキー「知多」上から

上から。「SUNTORY」の刻印が囲んでいます。

公式テイスティングノート 

まずは公式のテイスティングノートから。

・色 : 明るい黄金色

・香り: ピュアでストレート、甘い樽香

・味わい: 口当たりよく甘くスムース

・余韻: 綺麗、ほのかな甘さ

参考:サントリー公式サイト



サントリーウイスキー「知多」評価

最初にストレートでいただきました。

テイスティンググラスを用意して、いざ。

モルトとは全然違う香り立ちで、まずトウモロコシ的な穀物の匂いを感じます。バニラやバターっぽさもありますね。

味わいにもその穀物感が出ており、ハチミツやブドウ的な甘さもあります。

ただ、ストレートだとそこまでオススメできる感じはしないです。なぜなら同価格帯でおいしいウイスキーは数多くありますからね。競合と比べると、際立っている印象はありません。

そしてロック。

ロックは滑らかさが増します。ストレートより飲みやすいかも。

最後にハイボール。

これは良いですね! スッキリとした爽やかさが感じられます。サントリーが知多ハイボールをオススメしているだけはあります。ごくごく飲めてしまうので、ちょっと危険な香りもしますね。

まとめ

圧倒的にハイボールがオススメ。

知多は180mlのミニボトルでコンビニでも売っているので、まずはお試しに買ってみても良いかもです。

グレーンウイスキーを飲むなら選択肢に入れたい「知多」。欲を言えばあと1,000円ほど安ければかなり売れる予感がしますが、サントリーさんいかがでしょう?

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です