スイーツ

食レポ:トラディション・メープルクッキーにはアレが入っていなかった

レクラークの「トラディション・メープルクッキー」

近所の成城石井で「トラディション・メープルクッキー」を購入してきました!

製造はカナダの大手クッキーメーカー「レクラーク」。1905年創業! 本場のメープルクッキーということで期待に胸が膨らむ。

お値段は350gで430円(税込464円)。

では、さっそくいただいてみよう!

まずは箱から取り出してビニールから出す。

整然! 数えてみると……24枚入り。一枚あたり19.33円。

先日の「食レポ:成城石井のメープルクッキーがサクサクでおいしい!」で紹介したメープルクッキーは税込486円の24枚入りで20.25円。こちらのほうが1円ほど安い。

ちょっとお得かな~、と思いながら原材料表記を確認すると……。


ん? 何かがおかしい。

ああっ、そうか。「メープルシロップ」が入っていないんだ!

そんな……そんな……。

僕は震えながら原材料表示を凝視する。やっぱりない。代わりに「メープルシロップ風のクリームをメープルの~」というただし書き。「メープルシロップ風」!

そう、このトラディションのメープルクッキーにはメープルシロップが入っていないのだ!

実はこのトラディショナルのワンランク上に「セレブレーション」というシリーズがあり、そちらにはメープルシロップがちゃんと入っているとのこと。

悔しいので絶対に「セレブレーション」も食べてみたい。

ちなみに先日紹介した「成城石井のメープルクッキー」にはちゃんとシロップが入っていたよ。

メープルシロップが入っていないのにメープルクッキーとはこれ如何に? と思うも、形はメープルなので、そういう意味では間違ってはいない。

模様はこんな感じ。


ん? 成城石井のものと似ているような~?

並べてみよう。右が「成城石井メープルクッキー」。

同じ!? 

いや、少し違うか? 一番上の3本の葉脈の左側が、トラディションの方が少し長い。別物だ!

さて、肝心のお味は・・・・・・。うむ。普通にメープルシロップぽい味はするが、入ってないことを知っているためか、少々残念な印象。


小分け包装ではないので、こちらもジップロックに入れて冷やしメープルクッキーに。

全体的な感想としては、成城石井のメープルクッキーも値段に大きな違いはないので、どちらかと問われればメープルシロップ入りの「成城石井のメープルクッキー」をおすすめしたい。

そして次に食すべきは、レクラークのハイクラスメープルクッキーである「セレブレーション・メープルクッキー」。なんと輸入元の鈴商も、「おすすめはセレブレーション」と明言しているし!

これは何としてでも食べ比べてみようと思います!

こちらの記事もおすすめ