電化製品

緊急時に”絶対”必携!おすすめ高感度ポータブルラジオ・携帯ラジオの本体5選

大地震、豪雨など、いつ、どこで起きるかがわからないのが日本列島。

非常時に必要なもののひとつとして、「情報」があります。

電気が切れてテレビが見られない、パソコンもつかない、スマホや携帯電話も繋がらない……情報源として「ラジオ」に頼るしかないという場面が来るかもしれません。

そんな緊急時のために、ポータブルラジオ、携帯ラジオが手元にあれば安心ですね。ところが必要な時に必要な物を買っていなかった! と後悔するのはよくある話。

この記事では「緊急時に本当に役立つポータブルラジオ、携帯ラジオ」を紹介します。そのため、前提として「充電式ではない」「重くない」ラジオを選びました。

またさまざまなサイトで数多くのラジオが紹介されていますが、実際どれにすれば良いのか迷うと思いますので、本記事ではあえて5商品に絞りました。

それではさっそく見ていきましょう!



1.パナソニック「RF-P155」

まずは「パナソニック RF-P155」です。

  • FM/AM/ワイドFM対応
  • デジタルチューナー搭載のため選局・チューニングが簡単
  • 「蛍光色ポインター&光るダイヤルパネル」で暗い場所でも平気
  • 「ハンドストラップ」付で持ち運びが容易
  • 幅×高さ×奥行:約11.5×6.8×2.8cm
  • 本体重量:約162g (乾電池を含む)
  • 電源:単三電池2本
  • 電池持続時間
    スピーカー使用時:約71時間(FM時 )、約78時間(AM時)
    イヤホン使用時:約102時間(FM時 )、約109時間(AM時)

デザイン面は少し野暮ったいものの、急いでいる時には大きな文字はとても助かりますし、デジタルチューナーで選局も簡単、そして「光る」というのは安心感も与えてくれます。

こちらの機種搭載のデジタルチューナー「らくらくチューニング」のイメージは、以下のとおり。

受信幅が広くなるので、周波数を拾いやすいということですね。

また、避難しなければならない事態では持ち運びが前提になりますから、ハンドストラップも便利。また、重量も乾電池込みで162g。できるだけ荷物は軽くしたいので、この重さは嬉しいです。

デザイン面にこだわることがなければ、非常にわかりやすい表示と操作性で、まず最初にオススメできるラジオです!

■「ワイドFM」って?

ワイドFM(FM補完放送)とはAM(中波)放送局の放送地域内で、都市型・地形的難聴(電波が受信にしくい)対策や災害対策のために新たなFM放送用の周波数を用い、AM放送の番組を放送することです。

つまり災害時に威力を発揮する機能ということですね。

参考:総務省 – 放送政策の推進 > ワイドFM

2.ソニー「ICF-P36」

続いてソニー製のこちらのラジオ「ICF-P36」。

  • FM/AM/ワイドFM対応
  • アナログチューナーでわかりやすい
  • 同調ランプによる赤ランプでベストチューニングを確認可能
  • 市販のステレオヘッドホンで両耳から聞こえるイヤホン端子
  • 「ハンドストラップ」付
  • 幅×高さ×奥行:約13.5×6.95×4.35cm
  • 本体重量:約210g(乾電池を含む)
  • 電源:単三電池2本
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・スピーカー使用時)
    約100時間(FM時)、約110時間(AM時)
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・イヤホン使用時)
    約250時間(FM時)、約320時間(AM時)

こちらは見た目もすっきりしており、ちょっとクールでおしゃれな印象。ラジオらしい作りで、なかなか良い感じです。

アナログチューナーなので選局は多少シビアですが、昔のラジオを操作したことのある方なら問題ないレベルです。

多少重量があるかなという感じはしますが、この程度であれば問題ない重さでしょう。

質実剛健な、昔ながらのラジオが好きという方にはイチオシのラジオです!

3.ソニー「ICF-T46」

続いてもソニー。「ICF-T46」です。

  • FM/AM/ワイドFM対応
  • 「ロングダイヤルスケール」で見やすく選局しやすい
  • 幅×高さ×奥行:5.6×1.3×9.16cm
  • 本体重量:69g(乾電池を含む)
  • 電源:単四電池2本
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・スピーカー使用時)
    約44時間(FM時)、約46時間(AM時)
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・イヤホン使用時)
    約120時間(FM時)、約170時間(AM時)

こちらはとにかく小さくて軽いです。「名刺サイズ」と言われているとおり、実にコンパクトサイズ。

「ロングダイヤルスケール」とありますが、要はアナログチューナーです。

なにせ軽い! 乾電池込みで69gというのは本当に名刺を束ねたくらいに思えます。持続時間も充分で、これならば避難先でも実用に耐えうる性能ですね。

とにかく小さくて軽いラジオじゃなきゃ嫌! という方にはイチオシのラジオです。



4.東芝「TY-SPR5」

こちらは東芝「TY-SPR5」。

  • FM/AM/ワイドFM対応
  • バックライト付き大型液晶画面
  • 漢字対応の日本語表記
  • 記憶できる「地域設定」
  • 「お好み選局」機能
  • 幅×高さ×奥行:5.6×1.3×9.16cm
  • 本体重量:64g(乾電池除く)
  • 電源:単四電池2本
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・スピーカー使用時)
    約35時間(FM時)、約50時間(AM時)
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・イヤホン使用時)
    約60時間(FM時)、約75時間(AM時)

デジタルチューナー型の、液晶画面付きのタイプです。

特徴は局名が漢字で表示されること。これなら瞬時に局名が把握でき、焦っている時にも落ち着いて確認することができますね。

本体重量は64g(ただし電池除きます)。軽量コンパクトで持ち運びも楽ですね。

ただ液晶画面のため、持続時間が短めです。わかりやすさを取るか、持続性を取るかということになります。常時接続しているということもないと思いますので、このくらいでも耐えうるかなというのが感想です。

大きな画面でわかりやすい表示を求めている方にはオススメです!

5.ソニー「ICF-B99」

最後にソニー「ICF-B99」。

  • FM/AM/ワイドFM対応
  • 手回し充電/太陽光充電対応
  • スマホ等も充電可能
  • LEDスポットライト(懐中電灯機能)付
  • 幅×高さ×奥行:13.2×7.9×5.8cm
  • 本体重量:385g(乾電池も含む)
  • 電源:単三電池2本
  • 電池持続時間(アルカリ乾電池・スピーカー使用時)
    約80時間(FM時)、約100時間(AM時)
  • 電池持続時間(ライト点灯時)
    約50時間

こちらは「ICF-B09」とともに大人気のために生産が追いつかず、一時的に販売中止となっているラジオです。

とにかく多機能で、充電も電池・手回し・太陽光が可能、さらにはスマートフォン等の携帯電話も充電できてしまいます。

かつ懐中電灯機能もあり、さまざまな役割を担います。緊急時にできるだけ少ない荷物で避難するには最適の機種です。

難点としてはやや重いこと。それでも385gでしたら小さいペットボトル並みですので、多機能さによる荷物減を考慮すると許容できる重さでしょう。

生産が追いついていない状態ですが、「ICF-B99」も「ICF-B09」も、時折Amazonなどで入荷されていますので、ぜひこの商品が欲しいという方は見つけ次第ゲットしておくと後悔せずにすみますね。

超多機能かつ高機能、とにかく欲張りなアナタにオススメのラジオです!

おすすめポータブルラジオまとめ

  1. わかりやすい表示と操作性のパナ「RF-P155」

  2. 昔ながらのラジオ好きにはソニー「ICF-P36」

  3. 軽さやコンパクト性を重視するならソニー「ICF-T46」

  4. 液晶画面と漢字表記で視認性バツグンの東芝「TY-SPR5」

  5. 超多機能、高機能なソニー「ICF-B99」

 

以上の5つのポータブルラジオ・携帯ラジオ本体を紹介しました。どれも個性的でキラリと光る強みのあるラジオを選んでいます。

ただでさえ不安で心配な非常時に、本当に頼りになるのは「情報」。手元に置いたラジオで、あなたの不安が少しでも減ることを祈っています。

スポンサーリンク