今日の1枚 - おすすめアルバム

今日の1枚 vol.7 – モーモールルギャバン『野口、久津川で爆死』(2009年)

「今日の1枚」として時代・洋邦問わずに、おすすめのアルバムを紹介するこのコーナー。

今日の1枚 – モーモールルギャバン『野口、久津川で爆死』

第7回目はモーモールルギャバンの『野口、久津川で爆死』(2009年)!

モーモールルギャバンは2005年に京都で結成。

メンバーはゲイリー(ボーカル、ドラム)、マルガリータ(ベース)、ユコ(キーボード、ボーカル)の3人でギターはいない。

本作はインディーズデビューアルバムにあたる。なお、「久津川」は京都府城陽市にある近鉄京都線「久津川駅」を中心とした地域。

それでは『野口、久津川で爆死』を紹介していこう!


1曲目「琵琶湖とメガネと君」。

うねるベースがかっこいい。一曲目でありながら「死にたい」を連呼し、

君のメガネ壊したいな メガネが無ければどこにもゆけずに 

世界は暗闇 君と二人きり

琵琶湖は大きいな 悲しいくらい 小さな僕 

時には消えたくもなる

と歌い上げる、ちょっと切ないナンバー。

2曲目「POP! 烏龍ハイ」。

アップテンポなナンバー。

「烏龍」「ハイ」の掛け合いが目立つが、その部分以外のメロディラインも素晴らしい。

3曲目「細胞9」。

インスト。エフェクトボイスを使った「細胞ナイン」のコーラスがループする。ライブでは肉声。

ベースライン、ドラムソロ、そしてキーボードの存在がそれぞれ際立っており、バンドとしての一体感が垣間見える。

4曲目「コンタクト」。

名曲に数えたい。

ボーカルはユコが務め、「涙が止まらないのは別れ話のせいじゃない。コンタクトがまだ慣れない」とはかなげに歌うメロディが心に染みる。

5曲目「君のスカートをめくりたい」。

一転してアップテンポでコミカル、カオスな曲。ひたすら「君のスカートをめくりたい」「ベイベベイベ」と繰り返す。

これはラストナンバー「サイケな恋人」の伏線になっていると解釈することもできる。

6曲目「ユキちゃん」。

人気曲。「ズキュン バキュン ズキュン」と、ユキちゃんへの思いを延々と吐露していく。

ゲイリーはインタビューで、「モデルになった女性っていうのは、高校三年生の時好きだった“マミちゃん”という女性で」と述べている。

さすがに「マミちゃん」はマズイと思ったのだろうか。

7曲目「野口、久津川で爆死」。

歌詞は基本的に「野口、久津川で、爆死」のみ。

中盤にマルガリータによる寸劇が挿入されている。ライブでは寸劇部分で野口の近況を報告している。なお、野口(康史)は初期メンバーである。

8曲目「Ca☆Na」。

Ca、Naはカルシウムとナトリウム。ハンドクラップをリズムに取り入れたポップナンバー。

さようなら この世のさだめ いつかの別れ

カルシウム不足の君と海岸でデート

別れの未来を予測するような歌詞に、グッとくるものがある。

9曲目「SOS」。

スピード感あふれる曲。

恋人が臭い人 悲しいよね

友達に掘られると悲しいよね

という、誰にも言えなくて助けて欲しい気持ちをSOSと歌う。

10曲目「サイケな恋人」。

名曲。アーティストを縛りつける過去の作品というものがあるのだとしたら、この作品はモーモールルギャバンのそれに該当するかもしれない。それほどに良い曲だ。

メロウでありながらキャッチーさを失わず、徐々にテンションを高めてラストまで突き進む。ユコのボーカルもはまっている。

僕もとても好きな曲だ。


個性的な曲が連なり、モーモールルギャバンの世界観を見事に表していると言える。

ギターレスバンドだが、かえってメロディラインがシンプルになり、聴き手に直接的に訴えかけることに成功している。それぞれの技量が高い水準にあるからこそ。

以降のアルバムも素晴らしいが、まずもってオススメしたい作品だ。

今回はモーモールルギャバン『野口、久津川で爆死』を紹介しました。

次回もお楽しみに!

スポンサーリンク