ライブ情報、ライブレポート

新オープンのライブハウス、ホールが続々!2018年以降開業の施設を紹介

「2016年問題」。

それは2020年の東京五輪開催に向けて、大規模施設の改修・建て替えの時期が重なる2016年に、会場が不足するのではないかと危惧されていた問題です。

しかし、「ライブ会場不足、本当に深刻化するのは“東京五輪前後”? 関東のアリーナ&ホール新設の傾向を探る(RealSound)の記事によると、実際に2016年に動員数は減ったものの、当初考えられていたほど深刻な状態には陥らなかったとのこと。

ただ東京五輪の会期中は大規模施設が使えず、他にも改修に入る施設があり、今後深刻化すると推測しています。

その反面、新たに新設されるライブハウス、ホール、アリーナがたくさんあります。普段からライブ通いをしている僕にとって、新しい会場が増えるのは嬉しいばかり。

ということで、2018年以降にオープンする(した)200人以上のキャパシティの新規ライブハウス、ホール、アリーナをまとめてみました!

北海道、東北地方

札幌文化芸術劇場hitaru(札幌市中央区)

名称札幌文化芸術劇場hitaru
住所北海道札幌市中央区北1条西1 札幌市民交流プラザ4F
収容人数2,300人
4階251席
3階…365席
2階…422席
1階…1,262席
開業時期2018年10月7日
サイトhttps://www.sapporo-community-plaza.jp/theater.html

札幌の中心部に2,300人収容のホールが誕生しました。

内観写真です。4層の客席は圧巻ですね。

オペラやバレエ、演歌にロックといった、幅広いイベントが行われています。さまざまなリクエストに対応した素晴らしいホールになりそうです。

仙台88(宮城県仙台市青葉区)

名称仙台88
住所宮城県仙台市青葉区一番町2-6-3 広瀬ビルB1F
収容人数約300人
開業時期2018年3月21日
サイトhttps://www.sendai88.com/

青葉通一番町駅の近くにオープンしたライブハウス。300人規模ということで、アーティストを身近に感じるには、ちょうどいい大きさではないでしょうか。



関東地方の大規模施設

仮称 千葉公園ドーム(千葉市中央区)

名称仮称 千葉公園ドーム
住所千葉県千葉市中央区弁天4丁目1−1
収容人数約3,000 人
階数地上3階、地下1階
開業予定時期2020年秋頃

千葉競輪場が、新たに大規模ドームアリーナとして生まれ変わります!

完成イメージです。ドームですね~。

千葉駅からも近く、新たなコンサート会場として期待されます。なお、競輪も継続するそう。

ぴあMMアリーナ(仮称)(神奈川県横浜市西区)

名称ぴあMMアリーナ(仮称)
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい3-2(38街区)
収容人数約10,000 人
階数地下1階、地上4階
開業予定時期2020年

ぴあが横浜みなとみらいに1万人規模のアリーナを開業予定。

完成イメージ動画が2018年8月28日に公開されました! かなり大きなアリーナですね。

外観イメージ。

こちらは内観イメージ。

10,000人規模ということで、ビッグネームがやってきそう。

KT Zepp Yokohama(Zepp横浜:神奈川県横浜市西区)

名称KT Zepp Yokohama
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番2
収容人数約2,000人
階数
開業予定時期2020年春

あのZeppが横浜に。Zepp横浜として親しまれそう。

しかも、また「みなとみらい」!

ぴあの新アリーナのすぐ近くです。Zeppということで、さまざまなアーティストがライブを開催しそうですね。

ケン・コーポレーションの新アリーナ(神奈川県横浜市西区)

名称名称未定
住所神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目2番1
収容人数約20,000人
階数地上5階
開業予定時期2022年

20,000人という大規模アリーナが、またまた「みなとみらい」地区にできます! 

「音楽専用アリーナとしては世界最大級」とのこと。ぴあの10,000人もすごいですが、その倍!

外観イメージ。きらびやかですね~。

みなとみらいは近い将来「ライブ、コンサートの街」になりそう。うちからだとちょっと遠いけれど、ぜひいろいろ行ってみたいです!

バンダイナムコのホール、ライブハウス(未定)(東京都渋谷区)

名称未定
住所東京都渋谷区宇田川町
収容人数
階数
開業予定時期2020年

詳細は不明ですが、バンダイナムコHDが渋谷区宇田川町の土地3500平方メートルを取得し、ライブハウスやホールを備えた複合施設を作るそうです。続報が楽しみです!

関東地方

ヒューリックホール東京(東京都千代田区)

名称ヒューリックホール東京
住所東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
収容人数944人(座席レイアウトの場合:898席、車椅子席2席)
開業時期2018年7月15日
サイトhttp://hulic-theater.com/

都心に1,000人弱のホールが誕生しました。有楽町マリオンの11階です。

「コンサートライブ」の利用も推しており、スケジュールのページを見ると、さまざまなジャンルのライブが行われているようです。

渋谷ストリームホール(東京都渋谷区)

名称渋谷ストリームホール
住所東京都渋谷区渋谷3-21 渋谷ストリーム6F
収容人数700人(座席レイアウトの場合:294席、別途関係者10席)
開業時期2018年10月1日
サイトhttp://stream-hall.jp/

渋谷駅直結のホールが登場。

スタンディングだけでなく座席レイアウトもあり、さまざまなタイプのライブが催されそう。

こちらはイメージとのことですが、盛り上がりそうですね。

スケジュールはこちらで確認できます。

神田明神ホール(東京都千代田区)

名称神田明神ホール
住所東京都千代田区外神田2-16-2 神田明神文化交流館2F
収容人数700人(座席レイアウトの場合:392席、別途関係者10席)
開業時期2018年12月
サイトhttp://myoujin-hall.jp/

神田に700人規模のホールができます。ただし最寄り駅は御茶ノ水、秋葉原等。

昇降ステージが用意されており、どんなイベントが開催されるのか楽しみです。スケジュールはこちらのページですが、まだまだこれからといった印象ですね。

町田CLASSIX(東京都町田市)

名称町田CLASSIX
住所東京都町田市原町田1-1-3 ハイストーンビルB1F
収容人数約200人
開業時期2018年4月1日
サイトhttp://classix-machida.com/

JR町田駅のすぐ近くにオープン。200人規模ですが、熱気を直接肌で感じられそうです。



東海地方

LIVE ROXY SHIZUOKA(静岡市葵区)

名称LIVE ROXY SHIZUOKA
住所静岡県静岡市葵区黒金町28-1-2
収容人数約880人
開業時期2018年4月26日
サイトhttp://live-roxy.com/

かつて静岡に存在した「LIVE ROXY」がオープン。900人近い収容人数は静岡県内最大級。静岡駅近くの高架下というのも珍しいロケーション。

名古屋BM THEATER(愛知県名古屋市中区)

名称名古屋BM THEATER
住所愛知県名古屋市中区栄3-32-6 BECOME SAKAE 5F
収容人数約450人(座席レイアウトの場合:274席、席車椅子席3席)
開業時期2018年2月1日
サイトhttp://ndpstudio.jp/bm/

名古屋の繁華街である栄にオープン。矢場町駅のすぐ近くです。

フォーチュンエンターテイメントの常設施設ということで、今のところ出演者は偏っている模様ですが、これからといった感じでしょうか。

伏見ライオンシアター(愛知県名古屋市中区)

名称伏見ライオンシアター
住所愛知県名古屋市中区栄1-22-2 ライオンズ名古屋ビルB1F
収容人数約250人
開業時期2018年3月16日
サイトhttps://www.lion-theater.com/

こちらも新規オープン。住所は栄ですが、伏見駅が近いです。

なかなかバラエティに富んだアーティストが出演しています。

近畿地方

国立京都国際会館・ニューホール(京都市左京区)

名称国立京都国際会館・ニューホール
住所京都府京都市左京区岩倉大鷺町422
収容人数2,500人
開業時期2018年10月1日
サイトhttp://www.icckyoto.or.jp/about_us/architecture/newhall_information/

2,500人収容なので、かなり大きなホールですね。オープン後のスケジュールのページを見ると、ライブやコンサート利用は今のところなさそうですね。もう少し様子を見たいと思います。

外観イメージ。京都市内といっても岩倉のほうなので、結構はずれのほうにあります。

アメリカ村BEYOND(大阪市中央区)

名称アメリカ村BEYOND
住所大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-9 ITビルB2F
収容人数約220人
開業時期2018年4月15日
サイトhttp://beyond-osaka.jp/

アメリカ村、三角公園の近くにオープンしたライブハウス。

九州地方

Zepp Fukuoka(Zepp福岡:福岡市中央区)

名称Zepp Fukuoka(再オープン)
住所福岡市中央区
収容人数以前は約2,000人
開業時期2018年12月
サイトhttps://www.zepp.co.jp/hall/fukuoka/

2016年に閉館したZepp福岡が2018年に再オープンしました!

場所はヤフオクドームの横です。

スケジュールのページを見ると、さまざまなミュージシャン、バンドの予定が組まれていますね。さすがZeppです。


以上、2018年以降にオープンするライブハウス、ホール、アリーナの紹介でした。

特にキャパシティの大きな施設は、著名アーティストに積極的に活用されていきそうですね。

今後もわかり次第、随時更新、追加していきます!

Cloak公式サイトのトップページ
ぴあのサービス「Cloak(クローク)」のシステムや仕組み、使い方を解説! このブログ記事では、ぴあのサービスCloak(クローク)の使い方を解説しています。 Cloakはぴあ会員ID、もしくはgo...
ライブに一人で行くのは気楽すぎ!初めてでも安心、初心者参戦講座 この記事はライブやコンサートに初めて一人で参戦する方に向けて、服装やマナー、ポジショニング、ライブ時の過ごし方などを説明していま...
こちらの記事もおすすめ