ライブ情報、ライブレポート

【2018年】行ったライブをざざーっと振り返り!~19の音楽世界~

2018年ももうすぐ終わり。今年も多くのライブに足を運びました。

その数、19本!

もっと行っている人からしたら少ないと思われそうですが、平均して月に1本以上のライブに行くことができ、個人的にはとても充実した一年になりました。

備忘録もかねて、2018年のライブ記録を簡潔コメントとともにしたためました。

一部を除いて外部サイトのライブレポートにリンクしているので、より詳しいレポートを読みたい場合は参照してみてください。

それでは振り返りスタート!



2018年1月:「2099年」で幕開け

1月8日:日食なつこ「時差呆け矯正ツアー」

日本橋三井ホール。

2018年の初ライブ。厳かな会場だったものの、相変わらずの日食節だった。「2099年」で泣いた。

1月25日:フランツ・フェルディナンド

新木場スタジオコースト。

2018年唯一の洋楽アーティストのライブ。そして彼らも一夜限りの来日公演。めちゃ盛り上がった。

Qetic -【ライブレポ】フランツ・フェルディナンドの会場はダンスフロア化!?1人も残さず踊らせた来日公演

2018年3月:ウルトラスーパーほうきの集い

3月22日:吉澤嘉代子「ウルトラスーパーミラクルツアー」

恵比寿リキッドルーム。

開演前に篠原ともえの「クルクル ミラクル」がかかっていた。さすがの選曲だ。

全編に渡って素晴らしいライブ。アンコール後の退場時に「名残惜しい」と言って、一瞬涙をこらえた表情をした吉澤嘉代子が印象的だった。

EMTG MUSIC – 吉澤嘉代子 「ウルトラスーパーミラクルツアー」最終公演LIQUIDROOMをレポート

3月31日:吉澤嘉代子「第1回ほうきの集い~決起会」

渋谷duo MUSIC EXCHANGE。

吉澤嘉代子がインディーズデビュー時、メジャーデビュー時、両方ともに初ライブを行った地。そして初のファンクラブイベント。

メガネ姿の吉澤嘉代子はなかなか新鮮。

帰り際には出口でファン一人一人を見送り。滑舌の悪い自分は、2回も「え?」と聞き返させてしまった。しかもちゃんと伝えられたのか、今もってわからない。

吉澤嘉代子「第1回ほうきの集い~決起会~」さらっとレポートスペースシャワーTVで偶然「未成年の主張」を聴いた直後にファンクラブ「ほうきの会」に入ったことは、「「幻影的」シンガーソングライター吉澤...

2018年4月:2夜連続のスタンディングライブ

4月1日:ハルカトミユキ「解体新章」

渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE。

ハルカトミユキの2人編成ライブ。緊張感あふれるライブで、2階席からもその気迫が伝わってきた。

EMTG MUSIC – ハルカトミユキTOUR 2018『解体新章』

4月21日:岡崎体育「密着!謎のメンタリストRYOMAを追え!」

Zepp TOKYO。

変な映像とトークは相変わらず。観客に子供も多く、お子さんにも慕われてきているのだと知った。「ケルベロス」が良かった。

即興ソングのお題は「還暦、ゴリラ、門外不出」。内容は忘れた。

4月22日:THE BAWDIES「Thank you for our Rock and Roll Tour 2004-2019」

新木場スタジオコースト。

2日続けてのスタンディングライブはなかなか足腰にきた。そのくせやや前よりの立ち位置になってしまった。そうなったら踊らざるをえないではないか。最高でした。

2018年5月:武道館&Zeppで熱狂

5月12日:GLIM SPANKY「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」

日本武道館。

機材トラブル? で25分ほど遅れてスタート。そんなハプニングを感じさせないほど、熱さほとばしるライブだった。

Real Sound – GLIM SPANKYの音楽にある“ポピュラーミュージックの核心” 武道館公演を体感して気づいたこと

5月26日:岡村靖幸「2018 SPRINGツアー・マキャベリン」

Zepp TOKYO。

数年ぶりの岡村靖幸。いやもう最高。珍しく会社の人と行きました(見る位置は別々)。

エンタメ・ステーション – 岡村靖幸 今回のツアー「マキャベリン」で何を感じ、何を考え、オーディエンスに何をフィードバックしようとしていたのか、紐解く。

2018年6月:モメントな夜は子供も大人も

6月7日:クラムボン「モメントツアー2018」

新代田FEAVER。

ファンを自認しながらも、2011年の両国国技館ぶりのライブ。

案外早く着いたために2列目の端の方にポジションを取れたうえ、1.5mほど先に原田郁子がいるという僥倖にめぐり合う。ドキドキしました。

6月16日:吉澤嘉代子「吉澤嘉代子の発表会 子供編」

東京国際フォーラムホールC。

ほんと素晴らしいライブだった。子供も数多く来ていたのが印象的。小芝居もわかりやすく、楽しめたんじゃないかと思う。

詳しくはレポート参照。

【ライブレポート】「吉澤嘉代子の発表会 子供編」さらっとレポート2018年6月16日(土)開催の「吉澤嘉代子の発表会 子供編」。 本ライブは「子供編」「大人編」を2日に分け、それぞれ違うセットリ...

6月17日:吉澤嘉代子「吉澤嘉代子の発表会 大人編」

東京国際フォーラムホールC。

いやー、ほんと素晴らしいライブだった。前日とは打って変わって大人な雰囲気の吉澤嘉代子。終盤のウィンディとのやり取りからの「ストッキング」は感涙。

詳しくはレポート参照。

【ライブレポート】「吉澤嘉代子の発表会 大人編」さらっとレポート6月17日(日)開催の「吉澤嘉代子の発表会 大人編」。 前日のライブとは違うセットリストで行うという、稀な企画の2日目。 初...



2018年7月:凛として下北沢

7月21日:ヒグチアイ「band one-man live 2018」

下北沢GARDEN。

2ndアルバム『日々凛々』リリースにともなうライブ。「凛」としていることの大切さを知らされたようなライブだった。

MusicVoice – ヒグチアイ「私が憧れる人になりたい」嘘ない言葉で貫く東京公演

2018年9月:解体しまくるカオスな一夜

9月15日:ハルカトミユキ「解体新章 2018 BAND TOUR」

渋谷クラブクアトロ。

今年2回目のハルカトミユキで、こちらはバンド編。マネキンの首を客席に放り投げる等、さすがのカオスぶり。アニメ主題歌「17才」も披露。ちょっとジーンときた。

EMTG MUSIC – 11月14日リリースの新曲も初披露。ハルカトミユキ、バンドツアー初日をレポート

2018年10月:どの夜も忘らんないよ

10月12日:モーモールルギャバン「Yeahhhh!! ムチャしやがって」

恵比寿リキッドルーム。

最高に楽しいライブ体験だった。「サイケな恋人」では、腕を振り上げてひたすら「パンティ」コールをする自分を発見できた。

10月20日:神聖かまってちゃん「33才の夏休みツアー」

新木場スタジオコースト。

今年3回目のコースト。熱量、そして観客との一体感は今年一番のライブだったように思う。みんなかまってちゃんが好きだし、かまってちゃんもみんなが好きなのだ。

音楽ナタリー – 神聖かまってちゃん10周年ライブで堂々宣言「オリンピック開幕式に出るまでがんばる」

10月27日:岡村靖幸&YUKI「Ultra Boy Meets Super Girl」

日本武道館。

今年2回目の武道館。実はYUKIのライブは初めて。とても良かった!

そして最終盤での岡村靖幸とのデュエットは、ほとんど「奇跡を見た」と言って良いほど。すごいものを見た、すごいところに自分は居る、という感覚を抱いた稀有な瞬間だった。

音楽ナタリー – YUKIと岡村靖幸があの3曲をデュエット、日本武道館を驚きと興奮で満たす

2018年11月:最後方から眺める女王の艶姿

11月22日:椎名林檎「(生)林檎博’18 -不惑の余裕-」

さいたまスーパーアリーナ。

実は椎名林檎も初めて。デビュー当時よく聴いていたのだけれど、機会なく今に至る。春のツアーは8回ほど応募してすべて外れたものの、こちらはあっさり当選。

しかしアリーナ最後方、最上段に近い席。双眼鏡を忘れたのが悔やまれた。

ゴージャスで派手な演出の中、椎名林檎は真摯に歌い続けていた。全て良かったけれど、特に「歌舞伎町の女王」はぐっときた。今度はもっと近い席で見たいけど難しそうだな~。

ちなみにこの日は11月22日(いい夫婦の日)。「今日はいい夫婦の日。aikoの誕生日でもあるんだって。私の誕生日は……『いい2号の日(11月25日)』だけどね」とかましたのは、不惑の余裕か。※最近あんまり聞かないけど、2号=愛人ね。念のため。

OFFICIAL REPORT – (生)林檎博’18 – 不惑の余裕 –

椎名林檎ツアー「ひょっとしてレコ発2018」のチケット抽選に敗れ続けた話2018年10/20~11/30で「椎名林檎(生)林檎博'18 -不惑の余裕-」が開催されています。 下記ぴあのサイトで一般販売が...

2018年12月:みつあみ結んで締めくくり

12月14日:吉澤嘉代子「みつあみクインテットツアー」

銀座ヤマハホール。

今年5回目の吉澤嘉代子。そして2018年のライブ締めくくりにふさわしい、素晴らしいライブだった。いつもの小芝居ではなく朗読形式も良かった。

そしてこちらも2列目という僥倖。良い年が越せそう。

詳しくはレポート参照。

もうひとつの吉澤嘉代子の世界「みつあみクインテットツアー」ライブレポート吉澤嘉代子「みつあみクインテットツアー」 12月14日(金)に銀座ヤマハホールで開催された、吉澤嘉代子「みつあみクインテットツアー」に...

以上、2018年のライブ振り返りでした!

19本。

当たり前ですが、そのすべてがまったく異なる世界(同じミュージシャンであっても)で構築されていて、本当に素敵な時間を過ごすことができました。

2019年もまた、素晴らしい経験ができるよう願っています。

みなさまも良い音楽ライフをお過ごしください!

スポンサーリンク