音楽

【80’s】1980年代ヒット曲~第9回1988年の邦楽ランキングBest10~

1980年代の邦楽シーンは歌謡曲全盛期。多感な時期にそんな10年間を過ごした身としては、取り上げずにはいられません!

今も新しくて素晴らしい音楽をたくさん聴いていますが、その積み重ねの始まりがこの頃の音楽です。

というわけで、1980年代の邦楽シーンを振り返ってみたいと思います。

前回の第8回は「【80’s】1980年代ヒット曲~第8回 1987年の邦楽ベスト10~」として紹介しました。

第9回は「1988年」です!

当時のレコードの売上からベスト10を選出しました。それではさっそく10位から見ていきましょう。プレイバック!



1988年のヒット曲ベスト10

第10位:「You Were Mine」久保田利伸

作詞:川村真澄、作曲:久保田利伸・羽田一郎。売上は約32.2万枚。

自身初のシングルCDとして発売されました。

ドラマ『君の瞳をタイホする!』の主題歌にもなっています。

>>久保田利伸の作品をAmazonで探す

第9位:「人魚姫 mermaid」中山美穂

作詞: 康珍化、作曲: CINDY。売上は約36.5万枚。

本人主演のTBS系ドラマ『若奥さまは腕まくり!』主題歌にもなっています。

>>中山美穂の作品をAmazonで探す

第8位:「ANGEL」氷室京介

作詞、作曲: 氷室京介。売上は約37.5万枚。

元BOØWYのボーカル氷室京介のソロデビューシングル。

>>氷室京介の作品をAmazonで探す

第7位:「剣の舞」光GENJI

作詞: 康珍化、作曲: 馬飼野康二。売上は約41.7万枚。

フジテレビ系ドラマ『ワイルドで行こう! BORN TO BE WILD』主題歌です。

>>光GENJIの作品をAmazonで探す

created by Rinker
ポニーキャニオン

第6位:「MUGO・ん・・・色っぽい」工藤静香

作詞: 中島みゆき 、作曲・編曲: 後藤次利。売上は約45.7万枚。

中島みゆきが作曲しており、カネボウ’88秋のプロモーションイメージソングにもなっています。

>>工藤静香の作品をAmazonで探す

第5位:「乾杯」長渕剛

作詞、作曲:長渕剛。売上は約52.2万枚。

3枚目のスタジオ・アルバム『乾杯』に収録されています。

結婚式の定番ソングにもなりました。

>>長渕剛の作品をAmazonで探す

第4位:「DAYBREAK」男闘呼組

作詞:大津あきら、作曲:Mark Davis。売上は約62.3万枚。

男闘呼組のデビューシングルです。

>>男闘呼組の作品をAmazonで探す

第3位:「Diamondハリケーン」光GENJI

作詞:田口俊、作曲:井上ヨシマサ。売上は約67.2万枚。

オリコンのシングルセールスチャートでは初登場から2週間1位を獲得しました。

>>光GENJIの作品をAmazonで探す

2位:「ガラスの十代」光GENJI

作詞、作曲:飛鳥涼。売上は約67.4万枚。

またまた光GENJIがランク入り。

現在も高校野球の応援歌で使用されることが多く、元中日ドラゴンズの立浪和義選手のルーキー当時の応援歌として使われたこともありました。

>>光GENJIの作品をAmazonで探す

第1位:「パラダイス銀河」光GENJI

作詞:吉岡治 、作曲:北原じゅん。売上は約87.4万枚。

1位も光GENJIでした!

この年のトップ10に4作も入っており、光GENJIがこの時代の音楽シーンを席巻したとも言えます。

シングルでは光GENJIの最大のヒット曲になり、1989年には第61回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用され、現在も応援歌として採用するチームが多い名曲です。

>>光GENJIの作品をAmazonで探す


以上、1988年の年間ベストソングを紹介しました! この時代を表す名曲が目白押しというランキングでした。

リアルタイムで聴いていて当時を思い出した人、生まれる前の曲だけど新鮮さを感じた人……いろいろな方がいると思います。

年代ごとの一覧は、【80’s】1980年代ヒット曲~邦楽ベスト10まとめ~としてまとめていますので、さらなるタイムスリップを経験したい方はぜひご覧ください。

80年代の歌謡曲はAmazon Musicで聴くことができ、邦楽に強いdヒッツには年代別に「1988年のヒット曲」のようなプログラムもありますので、ぜひ聴いてみてくださいね。

それでは、次回(1989年)はいよいよ80年代もラスト。お楽しみに!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です