言葉

「暖かい」「温かい」の使い分け、違いの見分け方を解説!

「暖かい」と「温かい」

春が近づき、気温が高くなってくると、「あたたか~い」って思わず伸びをしたくなっちゃうもの。

でもこの場合の漢字って、「暖かい」「温かい」のどっちなの?

日本語って同じ音でも違う漢字を当てるだけではなく、意味も似かよっているものがとても多い。

僕はふだん小説を書いているのだけれども、漢字の表記で迷う場面が少なからずある。

そんな漢字の使い分けや違いを解説するこの記事。今回は「暖かい」と「温かい」について説明いたします!

「暖かい」の意味、正確な使い方

「暖かい」の「暖」には「日」の偏が入っているように、

気候

についての「あたたかさ」を表している。

気候なので、全身を包み込むあたたかさ。そういう時に「暖かい」を使用。

また、「直接触らないのにあたたかい」。この場合も「暖かい」。

それでは例文。

  • 今日はとても暖かい日だ。
  • 部屋に入ると、ほっとするほどの暖かさだった。
  • 暖かい服を着てきた。
  • 暖かい布団に入ったら眠くなってきた。
  • 暖かい色調のカーテンを買った。
  • 今日は懐が暖かい。

全身がほっとするような「あたたかさ」。

だから、冒頭の「春になってあたたかい」は「暖かい」ということですね!

「温かい」の意味、正確な使い方

一方、「温かい」はどうだろう。

これは、

直接触ってあたたかいもの

ということになる。

気候が全身なら、こちらは「体の一部」と覚えよう。「心」も体の一部と考える。

それでは例文。

  • 温かいご飯がおいしすぎる。
  • 温かいお風呂であったまる。
  • 温かいもてなしを受けた。
  • 温かい言葉をもらった。
  • 温かい心になる。
  • 温かい気持ちになる。
  • 彼は温かい人だ。

体の一部や心で感じる「あたたかさ」。

ということですね!

「暖かい」「温かい」の間違えない使い方

それでも迷ってしまうもの。

簡単な覚え方があるので、お教えしよう!

反対語に置き換える

反対の言葉をあてはめてみる。

です。では、反対の言葉とは何か。

「暖かい」←→「寒い」
「温かい」←→「冷たい」

と覚えよう。

もし「ご飯」に「暖かい」を使うと、その反対は「寒いご飯」。

おかしいですね~。「冷たいご飯」が正しいので、この場合は「温かい」になる。

もし使うときに迷ったら、それぞれの反対語を思い浮かべて当てはめてみよう!

類義語に置き換える

そしてもうひとつは、類義語を当てはめてみるです。

「暖かい」≑「暑い」
「温かい」≑「熱い」

つまり、「暑いスープ」というのは違和感がある。

正しくは「熱いスープ」なので、「あたたかい」を使う場合は「温かい」になるのだ。

こういった類義語からの使い分けもあるので、迷ったらこちらも試してみよう。

「暖かい」「温かい」の違いまとめ

要点まとめ

・「暖かい」は全身で感じるあたたかさ
・「温かい」は体の一部で感じるあたたかさ
・反対語に置き換える
・類義語に置き換える

言葉は直接相手に響くもの。ぜひ「あたたかい」言葉づかいを心がけましょう!