生活

ドアや車の静電気除去方法は「手の甲でタッチ」1択!

静電気が発生する理由

ドアを開けようとして「ビリッ!」とくる静電気。ほんと怖いですよね~。

ビビりの僕としては、いつもビクビクしながら感電しています。「なんとかならんのか~?」と、静電気除去方法をいろいろ調べてみると、

  • 乾燥
  • 重ね着

が静電気発生の原因の2大巨頭だとわかりました。

乾燥というのは冬場は仕方ありません。加湿器が使える環境ならいいけれど、そうでない場合だって多々あります。

そして重ね着。素材や摩擦によって静電気が生じるようです。しかし暑がりの僕は冬でも比較的薄着でありますが、静電気は派手に生じます。

なので、原因自体を取り除くことは難しいのではないでしょうか。ではどうすれば!



ドアノブを手の甲で軽くタッチ

オーソドックスな方法としては、ドアを開ける前に手を壁に触れるというものがあります。

しかしこの方法はついつい忘れたり、いかにも「今、自分、静電気逃がしてますという仕草がかっこ悪い。

そこで、いろいろ試した結果、最もスマートかつスムーズにドアを開けられるのが、

ドアノブを手の甲で軽くタッチしてからドアを開ける

というもの。多少ピリッとするけれど、指先に比べれば赤子のような優しさ。

今では、

1.ドアノブを手の甲で軽くタッチ


2.  ドアノブをひねる

というツーステップが完全に身について、無意識下で行えるようになりました。

つまり、このたった1つの方法で(僕の場合は)静電気の恐怖から逃れることに成功したのです!

手のひらで触れてから開けるという方法もありますが、うっかりズレると指先が当たり「ヒヤッ!」となってしまうので、手の甲がベスト。

静電気除去グッズを利用

もちろん静電気は髪の毛や衣類にも生じるもの。その場合は静電気に強いトリートメント、静電気除去スプレーなんかを利用するのも手でしょう。

幸い僕はドアノブ以外の静電気には悩まされてはいないので、それらのグッズに頼ることはありません。

もしお悩みの方がいれば、今はいろいろグッズが販売されています。

こちらの「ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ EASB3-10」はドアノブ等に本体を近づけると放電できます。物理的に触れる必要がないので安心ですね。

ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ EASB3-10」は手首にはめるだけでOK。これは楽です。

TRUSCO スパークガード」は前もって放電させるタイプ。自宅のドア脇や車等に貼っておくと良さそうです。

他にもAmazonには静電気除去アイテムが多々ありますので、自分に合ったものを探り、有意義な静電気除去ライフを送ってくださいね!

Amazonの静電気除去アイテムをチェック

こちらの記事もおすすめ