ウェルスナビ運用実績

【開始45週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート

2018年2月10日(土)の運用開始から45週間

マイナスに転じているウェルスナビ100万円を入金し、2018年2月10日の運用開始から45週間。10ヶ月半を経過しようとしています!

現在の実績がどのようなものかをレポートします!

関連記事 >> Wealthnavi(ウェルスナビ)のメリットデメリットを簡単クイック解説

なお、次週のレポート「【開始46週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート」ができていますので、そちらもあわせてご覧ください。



2018年12月22日(土)時点の運用実績

資産評価額

まずは資産評価額。

元本は122万円(初期投資100万円+10ヶ月分の積立22万円)

2018年12月22日(今回)2018年12日15日(前回)
-97,391円(-7.98%)

マイナス継続! しかも大幅減!

このところずっと不安定な情勢となっており、回復しては減少を繰り返す形でしたが、今回は陥落した様相。前週同日比では-73,642円、-450.53ドル。

いずれもひどい状況ですね…。いつか上昇の兆しを見せてくるでしょうから、慌てず焦らずにじっくり構えていこうと思います。

ポートフォリオ

さて、次にポートフォリオ。まずは円建て。

ポートフォリオ 円建て

米国株(VTI)もマイナスに。日欧株(VEA)、新興国株(VWO)が引き続き大きく落としています。

ポートフォリオ ドル建て

次にドル建て。

こちらも惨憺たる状況でつらいですね。

それぞれの銘柄は、当ブログの「WealthNavi(ウェルスナビ)の投資先ファンド7銘柄を徹底解説!」の記事で詳細解説しています。

WealthNavi(ウェルスナビ)の投資先ファンド7銘柄を徹底解説!ロボアドバイザー・ウェルスナビが投資する7つの銘柄について解説。VTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYR、TIPといった銘柄の概要、保有比率、国別比率等の情報を提供します。...

取引履歴

続いて取引履歴。

先週は動きはありませんでした。

分配金がありました! 356円! これぞ焼け石に水ですね。

なお、分配金の周期は以下のとおり。

銘柄分配周期
AGG(米国債権)、TIP(物価連動債)毎月
VTI(米国株)、VEA(日欧株)、VWO(新興国株)、IYR(不動産)3ヶ月毎 (3、6、9、12月)
GLD(金)なし

今週の日経平均、NYダウの値動き

日経とダウの動きはどうだったのでしょう。

日経(2018/12/17~12/21

今週は一気に下落。20,000円すら割ってしまいそうです。

NYダウ2018/12/17~12/21

こちら特に木曜~金曜で大きく下落しました。

今週の様相と来週の見立て

売り圧力の拡大に繋がる需給の歪みが最高潮に達しており、市場は非常な不安定な状況に陥っています。

一方、個別銘柄の割安感が膨らんでおり、反騰への期待感もあります。今年最終週(12月25日~28日)から年明け最初の営業日(1月4日)にかけ大底が確認されれば、その後は急速なリバウンドが期待されます。

来週は国内市場が3連休後の12月25日火曜日から今年のラストウィークを迎え、海外はクリスマス休みに入っていきます。

いずれにしても今年はこのまま底をなぞる形となりそうで、年明けの最初の動きが大注目となってきました。


今のところ自分では何もする必要なく見守っているため、とても楽な「ウェルスナビ」。僕もそうなんですが、面倒くさがりやの方には合っていると思います。

下落している時はひやひやしますが、長期運用にはつきものとして静観しています。特に今は踏ん張りどころかなと。

むしろ全体的に安くなっている今が初め時、買い時かなとも思っています。

ウェルスナビのメリットやデメリットは当ブログの「Wealthnavi(ウェルスナビ)のメリットデメリットを簡単クイック解説」で紹介していますので、よろしければご覧ください。

また、興味のある方はウェルスナビ公式サイトで詳細を確認してみてくださいね!

ウェルスナビ公式サイト

また、始める前にロボアドバイザーについての知識を得ることは必要では? と考えるのももっともだと思います。

僕は始めた後に下記の『ロボアドバイザー投資1年目の教科書』『お金は寝かせて増やしなさい』を読んでみましたが、わかりやすくまとまっていて、基礎をおさらいするにはちょうど良かったです! 参考までに~。

スポンサーリンク