ウェルスナビ運用実績

【開始40週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート

2018年2月10日(土)の運用開始から40週間

前回は「【開始39週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート」をお送りしました。

プラスを維持しているウェルスナビ100万円を入金し、2018年2月10日の運用開始から40週間。9ヶ月と少しを迎えました!

現在の実績がどのようなものかをレポートします!

なお、次週のレポート「【開始41週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート」ができていますので、そちらもあわせてご覧ください。



2018年11月17日(土)時点の運用実績

資産評価額

まずは資産評価額。

元本は120万円(初期投資100万円+9ヶ月分の積立20万円)

2018年11月17日(今回)2018年11日10日(前回)
+11,593円(+0.97%)

プラスを維持!

このところ不安定な情勢となっており、回復しては減少を繰り返す形です。前週同日比では12,229円、-24.7ドル。

引き続き、焦らずじっくりと構えていきたいですね。

ポートフォリオ

さて、次にポートフォリオ。まずは円建て。

ポートフォリオ 円建て

米国株(VTI)は結構プラス。日欧株(VEA)、新興国株(VWO)のマイナスが引き続き目立ちますね。

ポートフォリオ ドル建て

次にドル建て。

こちらも日欧株(VEA)、新興国株(VWO)の損失が相変わらず。これまでどおり、全体的にマイナス多めです。

それぞれの銘柄は、当ブログの「WealthNavi(ウェルスナビ)の投資先ファンド7銘柄を徹底解説!」の記事で詳細解説しています。

WealthNavi(ウェルスナビ)の投資先ファンド7銘柄を徹底解説!ロボアドバイザー・ウェルスナビが投資する7つの銘柄について解説。VTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYR、TIPといった銘柄の概要、保有比率、国別比率等の情報を提供します。...

取引履歴

続いて取引履歴。

先週は米国債権の分配金が入っていましたが、今週はどうでしょうか。

……今週は動きなしでした!

なお、分配金の周期は以下のとおり。

銘柄分配周期
AGG(米国債権)、TIP(物価連動債)毎月
VTI(米国株)、VEA(日欧株)、VWO(新興国株)、IYR(不動産)3ヶ月毎 (3、6、9、12月)
GLD(金)なし

今週の日経平均、NYダウの値動き

日経とダウの動きはどうだったのでしょう。

日経(2018/11/12~11/16)

火曜日に大きく下げ、そのまま推移といった情勢。

NYダウ2018/11/12~11/16

こちらは谷を作る形で、金曜は回復傾向。来週に期待です。

今週の様相と来週の見立て

上期の決算発表が一巡した東京株式市場で、日経平均株価は底固めの傾向で落ち着いている印象。

貿易戦争は、今月末からアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれるG20首脳会議に注目。トランプ米大統領と中国の習主席の会談が予定されており、対立の解消に向けて期待感が高まる。

国内では11月21日に10月訪日外客数、22日に10月工作機械受注(確報値)が出る予定。

海外では11月20日のアメリカ10月住宅着工件数、21日には同10月中古住宅販売件数が出る。

また11月23日のブラックフライデーから年末商戦がスタート。このほか、フランスのパリで開かれるBIE(博覧会国際事務局)総会で、大阪が立候補している2025年万博の開催国が決まることになっているので、こちらも注目。


今のところ自分では何もする必要なく見守っているため、とても楽な「ウェルスナビ」。僕もそうなんですが、面倒くさがりやの方には合っていると思います。

下落している時はひやひやしますが、長期運用にはつきものとして静観しています。

興味のある方はウェルスナビ公式サイトで詳細を確認してみてくださいね!

ウェルスナビ公式サイト

 

また、始める前にロボアドバイザーについての知識を得ることは必要では? と考えるのももっともだと思います。

僕は始めた後に下記の『ロボアドバイザー投資1年目の教科書』『お金は寝かせて増やしなさい』を読んでみましたが、わかりやすくまとまっていて、基礎をおさらいするにはちょうど良かったです! 参考までに~。

スポンサーリンク