ウェルスナビ運用実績

【開始37週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート

2018年2月10日(土)の運用開始から37週間

前回は「【開始36週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート」をお送りしました。プラスを維持しているウェルスナビ。

100万円を入金し、2018年2月10日の運用開始から37週間。8ヶ月半が過ぎました。

現在の実績がどのようなものかをレポートします!

なお、次週のレポート「【開始38週間】WealthNavi(ウェルスナビ)の運用実績レポート」ができていますので、そちらもあわせてご覧ください。



2018年10月27日(土)時点の運用実績

資産評価額

まずは資産評価額。

元本は117万円(初期投資100万円+8ヶ月分の積立17万円)

2018年10月27日(今回)2018年10月20日(前回)
-31,967円(-2.73%)

大幅マイナス!!

このところ厳しい情勢となっていましたが、ついに3万円以上の割り込み。これはきつい。前週同日比では何と-42,493円、-298.86ドル。

いずれも元本割れという憂き目を見ています。ただ、10年以上運用を続けるつもりでいますので、このくらいは想定内といったところではあります。短期の結果に左右されずに動じないようにしたいですね。

ポートフォリオ

さて、次にポートフォリオ。まずは円建て。

米国株(VTI)はプラスを維持していました。日欧株(VEA)、新興国株(VWO)がちょっと酷いですね。

次にドル建て。

こちらも日欧株(VEA)、新興国株(VWO)の損失が相変わらず目立ちますね。

それぞれの銘柄は、以下の記事で詳細解説しています。

WealthNavi(ウェルスナビ)の投資先ファンド7銘柄を徹底解説!ロボアドバイザー・ウェルスナビが投資する7つの銘柄について解説。VTI、VEA、VWO、AGG、GLD、IYR、TIPといった銘柄の概要、保有比率、国別比率等の情報を提供します。...

取引履歴

続いて取引履歴。

今週もとくに動きなしでした! こんな状況でもウェルスナビは動じない。良いのか悪いのか。

ちなみに分配金の周期は以下のとおり。

銘柄分配周期
AGG(米国債権)、TIP(物価連動債)毎月
VTI(米国株)、VEA(日欧株)、VWO(新興国株)、IYR(不動産)3ヶ月毎 (3、6、9、12月)
GLD(金)なし

今週の日経平均、NYダウの値動き

日経とダウの動きはどうだったのでしょう。

日経(2018/10/22~10/26)

見事に下落傾向。来週以降どうなっていくのでしょうか。

NYダウ2018/10/22~10/26

こちらも似たような動きではあります。来週どうなるか。

今週の様相と来週の見立て

世界景気の先行き不透明感を背景に下落を続けています。来週は自律反発が期待される半面、海外勢のリスク回避や個人の売りが重荷となってしまう可能性があります。

来週は国内企業の7~9月決算の発表が急増し、10月31日には最初のピークに。

主なイベントは国内では10月30日、31日の日銀金融政策決定会合。

米国では11月1日に10月ISM製造業景況指数、2日に10月雇用統計が発表。10月26日の7~9月期GDP(国内総生産)とともに注目です。


今のところ自分では何もする必要なく見守っているため、とても楽な「ウェルスナビ」。僕もそうなんですが、面倒くさがりやの方には合っていると思います。

下落している時はひやひやしますが、長期運用にはつきものとして静観しています。

興味のある方は公式サイトで詳細を確認してみてくださいね~。

ウェルスナビ公式サイト

 

また、始める前にロボアドバイザーについての知識を得ることは必要では? と考えるのももっともだと思います。

僕は始めた後に下記の『ロボアドバイザー投資1年目の教科書』『お金は寝かせて増やしなさい』を読んでみましたが、わかりやすくまとまっていて、基礎をおさらいするにはちょうど良かったです! 参考までに~。

スポンサーリンク