スイーツ

春の桜餅!長命寺と道明寺の違いと浅草「梅園」食べくらべ

春のお菓子といえば「桜餅」!

お店に行くと、2種類の桜餅があることに気づきますね。あんこを平べったい皮で包み、そこに桜の葉を添えてあるもの。そして丸く握った餅に桜の葉が巻いてあるもの。

どう違うのだろう? 2種類の桜餅について調べ、かつ食べくらべてみました!

長命寺


※写真はイメージです

こちらが「長命寺」。関東の桜餅で、小麦粉をクレープ状にして餡を包んでいます。

由来

東京の向島にある長命寺 (徳川家光の命名) の門番をしていた山本新六が1717年に発案。

道明寺


※写真はイメージです

そしてこちらが「道明寺」。関西の桜餅で、米である「道明寺粉」を蒸して作られたもの。

餅の中に餡を丸く包んでいます。

由来

戦国時代に大阪の道明寺に僧が保存食として作った、もち米を乾燥させ、砕いた粉(干飯・ほしい)。干飯を挽いて粉にした「道明寺粉」を使った餅が道明寺と呼ばれるようになった。


違いは簡単ですね!

・長命寺は関東。小麦粉ベースで平らのもの
・道明寺は関西。米ベースで丸いもの

というふうに覚えればOK。

浅草「梅園」の桜餅の食べくらべ

それでは、それぞれどんな味がするのでしょう?

浅草の老舗和菓子店「梅園」に長命寺、道明寺の両方を売っていたので、食べくらべてみたいと思います!


長命寺(左)と道明寺(右)! いずれも1ヶ180円。


ではいただきます! なお、僕は桜の葉は食べない派なので、はがします。

ちなみに桜餅の葉っぱは、食べても食べなくてもどっちでもいいそうです。主に香り付けと、乾燥防止のために巻かれているとか。


こうしていただきます! 口に入れると……。

まさにクレープのような食感。ほのかに桜の葉の香りがし、ほどよい甘さの餡と合います。


そして道明寺! 同じように葉を取り、


ぷるっとしていますね~。いただきます! と、その前に、


断面図はこんな感じになっています~。

それではいただきます! 口に入れると……、

もちっとした食感に、こちらも桜の葉の香りがほんのりと。ぎっしり詰まった餡も、バランスのよい味に仕上がっています。

長命寺、道明寺、どちらが良いかと問われると、これはまったく別々の食べ物と考えていいような気がするので、判定不能です!

僕は両方ともおいしくいただけましたが、好みの問題かな~と思います。見た目どおり、長命寺はさらっとしていますし、道明寺はもっちりという感じ。

桜餅の季節は4月上旬~中旬。もうすぐ終わってしまうので、その前にまた買ってこようかな~。

関連ランキング:甘味処 | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

こちらの記事もおすすめ