売れ筋・話題の小説ランキング

【2018年10月】売れ筋・話題の文庫小説さらっとランキング

世の中どんな文庫小説が売れているのか?

先月の売れ筋・話題「文庫小説」を紀伊國屋書店、honto、日販のランキングから紹介します!

前回「【2018年9月】売れ筋・話題の文庫小説さらっとランキング」では湊かなえ、東野圭吾人気は衰えず、住野よるも「キミスイ」の映像化で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いといった活躍ぶりでした。

読みたい本を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。それでは、さらっといきましょう!

※各サイトの集計方法によって、順位は変動することがあります



紀伊國屋書店ランキング

まずは紀伊國屋書店。

1位

1位は『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 』。

1013日に映画が公開された樹木希林さんの遺作となった『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 』の原作が1位になりました。

2位

2位は「アンと青春」。

50万部を超えるベストセラーとなった『和菓子のアン』の続編『アンと青春』(2016年刊行)の文庫版が登場です。

3位

3位は「コンビニ人間」。

村田沙耶香の芥川賞受賞作(2016年)の文庫化作品が2位に。

4位

4位は「木枯らしの: 吉原裏同心抄(四)」。

佐伯泰英の書き下ろし文庫でシリーズ第4弾。根強い人気ですね。

5位

5位は「スマホを落としただけなのに」。

11月2日公開映画の原作。このミス大賞の「隠し玉」作品です。

なお、このミステリーがすごい大賞については、当ブログの「【小説新人賞さらっと解説】『このミステリーがすごい!』大賞とおすすめ作品」で紹介していますので、よろしければご覧ください。

映画「スマホを落としただけなのに」公式サイト

★紀伊國屋書店のランキングはこちら

hontoランキング

次はhonto。

1位

1位は『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 』。

こちらでも1位です!

2位

2位は「コンビニ人間」。

こちらでは2位です。

3位

3位は「木枯らしの: 吉原裏同心抄(四)」。

こちらでは3位に!

4位

4位は「アンと青春」。

こちらでは4位。

5位

5位は「スマホを落としただけなのに」。

なんと紀伊國屋書店と同じ作品が順位を変えて全てランク入りでした。では日販はどうでしょう?

★hontoのランキングはこちら

日販ランキング

最後に日本出版販売(日販調べ)によるランキング。

1位

1位は「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 」。

大人気シリーズの書き下ろし文庫化作品が1位です!

なお、前回は紀伊國屋書店で5位に入っていました。

2位

2位は「コンビニ人間」。

前月に続いての2位です。

3位

3位は『日日是好日―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ 』。

こちらでは3位に。

4位

4位は「木枯らしの: 吉原裏同心抄(四)」。

こちらでは4位です。

5位

5位は「人魚の眠る家」。

東野圭吾の2015年作品の文庫化。2018年11月16日に映画公開を控えて人気です。

映画「人魚の眠る家」公式サイト。

★日販のランキングはこちら


以上、2018年10月の文庫小説ランキングでした!

やはり売れ筋は似通ってはいますね。この中では、このミス大賞隠し玉の「スマホを落としただけなのに」が要注目株でしょうか。

次回はどんなランキングになるのか。それでは、また!

スポンサーリンク