売れ筋・話題の小説ランキング

【2018年9月】売れ筋・話題の文庫小説さらっとランキング

世の中どんな文庫小説が売れているのか?

先月の売れ筋・話題「文庫小説」を紀伊國屋書店、honto、日販のランキングから紹介します!

読みたい本を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。それでは、さらっといきましょう!

※各サイトの集計方法によって、順位は変動することがあります

※次月のランキングが「【2018年10月】売れ筋・話題の文庫小説さらっとランキング」として新しくできていますので、よろしければご覧ください。



紀伊國屋書店ランキング

まずは紀伊國屋書店。

1位

1位は「花だより みをつくし料理帖 特別巻」。

高田郁による時代小説で、シリーズ全10巻。登場人物のその後を描いたこちらの特別巻が人気です。

2位

2位は「コンビニ人間 」。

村田沙耶香の芥川賞受賞作(2016年)の文庫化作品が2位に。

3位

3位は「ポイズンドーター・ホーリーマザー」。

湊かなえの2016年作品の文庫化が3位。善意と正しさの掛け違いを見事に描きます。

4位

4位は「人魚の眠る家 」。

東野圭吾の2015年作品の文庫化。2018年11月16日に映画公開を控えて人気です。

映画「人魚の眠る家」公式サイト。

5位

5位は「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 」。

大人気シリーズの書き下ろし文庫化作品がランク入り。

★紀伊國屋書店のランキングはこちら

hontoランキング

次はhonto。

1位

1位は「夏の雪」。

佐伯泰英のシリーズ最新書き下ろし第12弾が1位を獲得。時代小説は根強い人気がありますね。

2位

2位は「ポイズンドーター・ホーリーマザー」。

こちらでは2位です!

3位

3位は「ユートピア 」。

湊かなえが絶好調。2015年の文庫化作品が3位に。

4位

4位は「人魚の眠る家 」。

こちらでは4位です。

5位

5位は「ツバキ文具店 」。

小川糸の2017年本屋大賞第4位作品(刊行は2016年)の文庫化。

★hontoのランキングはこちら

日販ランキング

最後に日本出版販売(日販調べ)によるランキング。

1位

1位は「花だより みをつくし料理帖 特別巻」。

好調ですね。紀伊國屋書店に続き、こちらでも1位です!

2位

2位は「コンビニ人間 」。

やはり注目の作品です。

3位

3位は「ポイズンドーター・ホーリーマザー」。

こちらでも3位に。

4位

4位は「人魚の眠る家 」。

5位

5位は「君の膵臓をたべたい」。

映画、劇場版アニメと絶好調の住野よる「キミスイ」。文庫作品も売れています。

映画「君の膵臓をたべたい」公式サイト

劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」公式サイト

★日販のランキングはこちら


以上、2018年9月の文庫小説ランキングでした!

時代小説が強い印象ですね。そして湊かなえ、東野圭吾人気は衰えるところを知りません。住野よるも「キミスイ」の映像化で、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いといった活躍ぶり。

次回はどんなランキングになるのか。それでは、また!

※次月のランキングは「【2018年10月】売れ筋・話題の文庫小説さらっとランキング」として新しくできていますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク